ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

2012-01-01から1年間の記事一覧

2012年ぼくのベスト5小説

ぼくの〈娯楽人生〉、今年の下半期は諸般の事情で先月なかばから失速。おかげで充実感がまったくない。それでも数えてみると、上半期より1冊だけ多く読んでいた。 そのうち、☆☆☆☆以上は9冊で、全体の3割近くある。ただし現代小説、それもこの2年以内に出…

Tessa Hadley の “Married Love and Other Stories” (1)

Tessa Hadley の短編集 "Married Love and Other Stories" を読了。米アマゾンが選んだ今月の優秀作品のひとつである。さっそくレビューを書いておこう。Married Love: And Other Stories (P. S.)作者: Tessa Hadley出版社/メーカー: Harper Perennial発売日…

“Married Love and Other Stories” 雑感 (2)

きょうは御用納めのところが多かったと思う。大昔、毎年この日になると、今年の春に他界した父がいつもより早く帰宅して、すぐに家の大掃除に取りかかったことを思い出す。ぼくは父とちがって面倒くさがり屋だし、やっと仕事のピークは過ぎたといっても、先…

“Married Love and Other Stories” 雑感 (1)

読書もブログもサボっているうちに、数えてみたら11冊も本が届いていた。どれも英米の各メディアが選んだ今年の優秀作品だが、すでにある積ん読の山がますます高くなるばかり。それなのに、よろず調子はさっぱり上がらない。このところ、とみに年齢を感じて…

Ismail Kadare の “The Ghost Rider” (2)

先週末まで仕事に明け暮れた。秋口からの総括、年明けからの準備。ふだん給料ドロボーのぼくにしては、けっこうがんばったほうだ。おかげで、おしまいには血圧が上がり、活字を読むとなんだかめまいがするので、クリスマス連休は休養に徹し、というと聞こえ…

Ismail Kadare の “The Ghost Rider” (1)

諸般の事情で長らく読書もブログもサボっていたが、きょう改めて Ismail Kadare の "The Ghost Rider" に取り組み、なんとか読みおえた。さっそくレビューを書いておこう。The Ghost Rider作者:Kadare, IsmailCanongate BooksAmazon[☆☆☆★★] 中世アルバニアの…

“The Ghost Rider” 雑感

ベストテンの季節だが、とりあえず Ismail Kadare の "The Ghost Rider" をボチボチ読んでいる。これも先月読もうと思っていた本で、半月以上も予定がずれこんでしまった。 Kadare の作品を読むのはこれで3冊目。夏に "The Palace of Dreams" を読んだあと…

Colm Toibin の “The Testament of Mary” (2)

連日の疲労のせいか風邪をひきなおし、きょうは早退。寝床にもぐりこむ前に本書の落ち穂拾いをしておこう。 きのうのレビューを読むと、ぼくがいかにもキリスト教に造詣が深そうな印象を受けるかもしれないが、すべて他人の受け売りと、にわか勉強の成果。キ…

Colm Tóibín の “The Testament of Mary” (1)

きのう家に帰ったあと、Colm Tóibín の最新作 "The Testament of Mary" を読みおえたが、レビューを書く時間は取れなかった。きょうも仕事でグッタリしているが、印象が薄れないうちにレビューを書いておこう。(追記:本書はその後、2013年のブッカー賞最終…

“The Testament of Mary” 雑感

カタツムリ君のペースで本を読んでいるうちに、いつのまにかベストテンの季節になってしまった。ニューヨーク・タイムズ紙、ガーディアン紙、タイム誌、パブリシャーズ・ウィークリー誌、英米アマゾンなどのリストをながめると、毎度ながら読み洩らしている…

A. B. Yehoshua の “A Woman in Jerusalem” (2)

去年もこの時期は大忙しだったが、今年はそれに輪をかけて忙しい。きょうも先ほど帰宅したばかりだ。 ずっと同じ部署なので同じように仕事をこなしてもいいんだけど、と思いつつ、自分なりにアップデートを心がけているのも多忙の一因だろう。しかしその甲斐…

A. B. Yehoshua の “A Woman in Jerusalem” (1)

このところ超多忙の毎日で、すっかり読書もブログもサボってしまった。おかげで当初の予定が大幅に遅れたが、少しずつ読んでいた2006年のロサンジェルス・タイムズ紙最優秀小説賞の受賞作、A. B. Yehoshua の "A Woman in Jerusalem"(2004, 英訳2006)をよ…

2012年コスタ賞ショートリスト発表 (2012 Costa Awards shortlist)

相変わらず超多忙、もっか休日返上で仕事に励んでいる。そこできょうは、いささか旧聞に属するが、先日発表された今年のコスタ賞のショートリストでお茶を濁しておこう。 最優秀長編賞と最優秀新人賞の候補作家8人のうち、例によって不勉強で、知っているの…

“A Woman in Jerusalem” 雑感

ずいぶんブログをサボってしまった。風邪でダウンしたところへ今年最後の繁忙期の第一波。毎日もうヘトヘトで、電車やバスの中でもついウトウト。 おかげで、本を読むのもすっかりカタツムリくんだったが、きょうはなんとか、A. B. Yehoshua の "A Woman in …

Ben Fountain の “Billy Lynn's Long Halftime Walk” (3)

きのう本書の「気になる点」について書こうと思ったのに、疲労困憊。頭がまわらず、「きょうの仕事はつらかった……あとは」というやつで、早々と晩酌をやってしまった。 さて、おとといも書いたように、なにしろ政治音痴なので、本書の諷刺がイラク戦争とアメ…

Ben Fountain の “Billy Lynn's Long Halftime Walk” (2)

既報のとおり、残念ながら全米図書賞を逃してしまった本書だが、未読の方は2つの点に気をつけるといいでしょう。まず、帰国子女でもないかぎり、ぼくのようなふつうのサラリーマン洋書ファンだと、たぶん1週間くらいかかると思う。それも電車やバスの中だ…

2012年全米図書賞発表 (2012 National Book Award Winner)

先週、林家たい平の落語を聞きに行ったら、いま公開中の映画では『のぼうの城』がいちばんおもしろい、と話していたので、きょう、かみさんと一緒に観に行った。現代風の軽いセリフが気になったが、一種の戯作的効果をねらってのことだろう。けっこう楽しめ…

Ben Fountain の “Billy Lynn's Long Halftime Walk” (1)

これを書いている時点ではまだ、今年の全米図書賞は発表されていないようだが、私見によれば「大本命」かも、と思われる Ben Fountain の "Billy Lynn's Long Halftime Walk" をやっと読みおえた。さっそくレビューを書いておこう。(追記:本書は2016年、ア…

“Billy Lynn's Long Halftime Walk” 雑感 (2)

ストレス→痛飲→布団のはねとばし→風邪というワンパターンで、このところ体調がどうもすっきりしない。おかげで本書もミミズの這うようなスピードでしか進んでいないが、きょうは仕事帰りに〈ドトール〉に寄り、なんとか中盤に差しかかってきた。 そこで思っ…

“Billy Lynn's Long Halftime Walk” 雑感 (1)

きょうは土曜日ながら出勤、かつ残業。もうへとへとだが、電車とバスの中で今年の全米図書賞候補作、Ben Fountain の "Billy Lynn's Long Halftime Walk" を少しだけ読んでみた。あれあれ、Kevin Powers の "The Yellow Birds" につづいて、またしてもイラク…

Kevin Powers の “The Yellow Birds” (2)

本書はもしかしたら、イラク戦争を初めて本格的に扱った小説のひとつかもしれない。ぼくのレビューを検索すると、John Irving の "Last Night in Twisted River" にもあの戦争が出てきたことになっているが、あまり憶えていない。たしかテレビを通じた間接的…

Kevin Powers の “The Yellow Birds” (1)

今年の全米図書賞候補作、Kevin Powers の "The Yellow Birds" を読了。さっそくレビューを書いておこう。(追記:本書は2017年、アレクサンドル・ムーア監督によって映画化されました)。The Yellow Birds: A Novel作者:Powers, KevinLittle, Brown and Com…

“The Yellow Birds” 雑感

Louise Erdrich の "The Round House" に引きつづき、今年の全米図書賞候補作、Kevin Powers の "The Yellow Birds" に取りかかった。米アマゾンで9月のベスト10にも選ばれた作品である。まだハードカバーしか出ていないが、シノプシスをちらっと読み、ひょ…

Louise Erdrich の “The Round House” (2)

今年の全米図書賞候補作を読むのはこれで2冊目だが、Junot Diaz の "This Is How You Lose Her" と同じく、いやそれ以上に本書も〈アメリカ的シーン〉に充ち満ちている。ネイティブ・アメリカンの居留地で事件が起こり、事件の背景に、白人による迫害と差別…

Louise Erdrich の “The Round House” (1)

今年の全米図書賞候補作、Louise Erdrich の "The Round House" を読了。さっそくレビューを書いておこう。The Round House: A Novel作者:Erdrich, LouiseHarperAmazon[☆☆☆★★★] コアにあるのは少年の通過儀礼。だが、20世紀後半、ネイティヴ・アメリカンがま…

“The Round House” 雑感

今年の全米図書賞候補作、Louise Erdrich の "The Round House" を読んでいる。まだハードカバーしか出ていないので、ふだんペイパーバック・リーダーのぼくは少しためらったが、数年前に "The Painted Drum" でノックアウトされたことを思い出し、新作の出…

Evelio Rosero の “The Armies” (2)

本書を読みおえたのは3日前の夜ふけだが、そのあと布団の中で、「文字どおり腰が抜けたようになった」。これは比喩ではない。その余韻は今でも少しのこっている。さほどに「衝撃的な結末」だった。 このブログにレビューらしきものを書いたのは、これでちょ…

2012年ギラー賞発表 (2012 Giller Prize winner)

今日は Evelio Resero の "The Armies" について補足しようと思ったが、夜になっても仕事をしていたので時間がなくなった。おととい発表されたギラー賞のニュースでお茶を濁しておこう。まず受賞作は Will Ferguson の "419" だが、これは今のところ、ハード…

Evelio Rosero の “The Armies” (1)

きのうの夜ふけ、2009年のインディペンデント紙外国小説最優秀作品賞(Independent Foreign Fiction Prize)の受賞作、Evelio Rosero の "The Armies" を読みおえた。作者はコロンビアの作家で、スペイン語からの英訳である。さっそくレビューを書いておこう…

Jon Kalman Stefansson の “Heaven and Hell” (2)

この本は、ぼくのアンテナに載せている海外ブログ "Reading Matters" の記事を見かけて知った。レビューそのものは読まなかったが、点数が高かったし、表紙が気にいったので、いわゆるジャケ買い、ぼく流に言うと「見てくれ買い」。ちなみに、M. L. Stedman …