ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Teju Cole の “Open City” (1)

 Teju Cole の "Open City" をやっと読みおえた。昨年、タイム誌やエコノミスト誌、ニューヨーカー誌などが選んだ優秀作品のひとつである。いつものようにまずレビューを書いておこう。

Open City

Open City

Amazon
Open City

Open City

Amazon
[☆☆☆★★★] 「わたしは自分の心をさぐった」――第二部冒頭のことばだが、これは全篇に当てはまる。孤独な若い精神科医ジュリアスの心の旅、それもすこぶる知的な内面検証の旅が本書なのだ。彼はニューヨーク市内をあてもなく歩きまわり、そこで目にした情景や、耳にした音楽、出会った人びととの会話などに触発され、じつにさまざまな問題に思いをはせる。先住民の時代にまでさかのぼるアメリカ史の流れ、アメリカにおける黒人の地位(ジュリアスはナイジェリア出身)、パレスチナ問題、そして9.11事件。彼の思索は倫理的、精神病理学的な観点にも立脚し、さながら文明批評の感さえある。だが、どれもこれも結局、彼にとっては「心の旅」なのだ。祖国ナイジェリアで過ごした少年時代の思い出や、別れたばかりの恋人への思いといった個人的体験にはじまり、それがけっして感傷にとどまらず、自身の存在基盤をさぐり、たしかめていくうちに文明論へと発展。あるいは、マーラー交響曲の分析に示されるように、人間の死および人生一般へと波及。要するに、自己の内面を客観的に検証すればするほど、その客観性ゆえに自分を超えつつむ大きな問題にぶつかり、そこからまた個人的な問題へと立ちかえる。書中の言葉をもじっていえば、「内なる現実」と「外なる現実」の相関関係がここには認められる。これほど内省的かつ知的な「魂の彷徨」を描いた小説は、現代文学ではもはや希有の存在かもしれない。