ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Arthur Phillips の “The Tragedy of Arthur” (1)

 Arthur Phillips の "The Tragedy of Arthur" をやっと読みおえた。ただし、巻末に収録されているシェイクスピアの(?)戯曲、"The Tragedy of Arthur" は拾い読みした程度なので、以下のレビューはもっぱら、その「序文」を対象としたものである。

The Tragedy of Arthur: A Novel

The Tragedy of Arthur: A Novel

[☆☆☆★] 技巧的な、あまりに技巧的な作品である。読者の反応まで計算にいれた用意周到な設定で、独創的な仕掛けを複雑精妙に練り上げた手腕はただごとではない。が、その巧みの業に幻惑されたせいか、心から感動を覚えることは少なかった。主人公は作者と同名の作家で、彼がシェイクスピアの埋もれた戯曲をいかに発表することになったか、という長大な序文がえんえんと綴られる。贋作偽造の天才だった父親から渡された原本は、はたして本物なのか。その真偽をめぐる大騒動はすこぶるこっけいで、ブランドに弱い世間のスノビズムも読みとれ、本書の白眉だろう。一方、作家は幼い子供時代からの回想を通じて、父親および双子の姉への思いを吐露する。愛と憎しみ、怒り、そしてまた愛。ほろっとさせられるくだりもあるが、要するにホームドラマであり、得られるものは少ない。とはいえ、シェイクスピア劇のパスティーシュを導入するための自伝小説という設定は、作者自身の人生のパスティーシュであるとも言え、家族愛という平凡なテーマを「二重のパスティーシュ」によって表現したところに非凡な着想が認められる。それを高く評価すべきかどうか。読者を選ぶ問題作である。英語は内容に即した相当に入り組んだ文体で、語彙もふくめて現代の作品としては難解な部類に入るだろう。