ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Naomi Benaron の “Running the Rift” (1)

 一昨年のベルウェザー賞(Bellwether Prize for Fiction)受賞作、Naomi Benaron の "Running the Rift" を読みおえた。これは今年1月の米アマゾン月間ベスト作品のひとつでもある。さっそくレビューを書いておこう。

Running the Rift

Running the Rift

[☆☆☆★★] 1994年にルワンダで起きたジェノサイド。本書はその10年前から始まる。足の速いツチ族の少年ジャンが成績も優秀で、大学に進学して競走部に入り、オリンピックを目ざすようになる。本書の3分の2はこの導入部で、ジャンが突然、フツ族の集団から暴行を受けるなど、大事件の予兆が少しずつ示されるものの、全体のテンポはかなりゆるやかだ。ジャンは純情素朴で忍び寄る危険を軽視。恋あり友情あり、厳しい練習と手に汗握るレースあり。かりそめの平和が続くなか、青春小説の色彩が強い。やがて政情が不安になり、ついに事件勃発。といっても当初はニュースが中心で、さほど強烈なインパクトを受けないが、最後は加速度的に進行し息苦しくなる。ルワンダ虐殺は少し調べただけでも慄然とするような大惨劇だが、本書からもその悲劇性をうかがい知ることはできる。が、人物の心理と動きがやや図式的で、思わず胸を打たれる場面もあるものの、ジェノサイドを引き起こす人間そのものの悲劇性についての洞察には乏しい。それゆえ事件に「位負け」しているが、個々のエピソードは緩急自在でウェルメイドな物語と言える。英語はごく標準的なもので読みやすい。