ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Penelope Lively の “How It All Began” (1)

 Penelope Lively の最新作、"How It All Began" を読了。さっそくレビューを書いておこう。

How It All Began

How It All Began

[☆☆☆★★] ペネロピ・ライヴリー健在なり! 小品ながら文字どおり「小の説」という小説の極致をきわめた作品である。冒頭、ロンドンの路上で70代の老婦人が強盗にあう。このちょっとした事件をきっかけに、婦人の娘夫婦をはじめ、婦人から英語のレッスンを受ける移民の男性、娘が個人秘書をつとめる年老いた歴史学者、その姪、姪と不倫関係にある男、その妻、老学者に取り入る野心家の青年などなど、さまざまな人物のあいだに事件の波紋が広がっていく。どの波紋も本質的にはコップの中の嵐にすぎないが、各人物の性格造形が的確で、一語たりともむだな描写がない。物語の肉づけに必要な人生論、老いの問題への言及しかり。こっけいな出来事もあれば、しみじみとした情感あふれる場面もあり、とにかく変化に富んだエピソードが次々に小気味よく飛びだしてくる。まさに緩急自在の名人芸である。英語は知的な文体で難度の高いイディオム表現が頻出するが、なにしろテンポがいいので流れに乗れば問題ない。