ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Cynthia Ozick の “Foreign Bodies” (1)

 今日も帰りにスタバに寄り、Cynthia Ozick の "Foreign Bodies" をようやく読了。今年のオレンジ賞最終候補作である。さっそくレビューを書いておこう。

Foreign Bodies

Foreign Bodies

[☆☆☆★★] ふとした偶然の出来事によって、そしてもちろん大事件によって、それまで曲がりなりにも平静を保っていた心が動揺し、自分の存在基盤を確認ないし回復、あるいは発見しようと悪戦苦闘する。本書の主人公ビアトリスをはじめ、彼女が出会う人びとはそんな自分探しの旅をしつづけている。もはや目新しいテーマではないが、本書の場合、1950年代初めのパリとニューヨーク、ロスがおもな舞台とあって、各人物の動揺がそのまま当時の混乱した世相を反映している点がまずすばらしい。彼らの苦しみは、もっぱら親子や兄妹、夫婦などの愛憎にまつわるもので、その意味ではメロドラマの域を出ないが、それぞれの性格や心理・状況を表現する文章に力があり、これも得点材料。鋭い知性と繊細な感覚に裏づけられた詩的で格調の高い文体で、微妙な心の動きが丹念に綴られていく。そのぶん物語の進行がゆるやかで決して読みやすくはないが、自分探しの旅がエゴイスティックな内面の容赦ない追求へと深化していく過程をじっくり味わいたい。英語も構文・語彙ともに現代の作品としてはむずかしめで精読を要求される。