ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

2012年ブッカー賞ロングリスト発表 (Man Booker Prize 2012 longlist)

 ロンドン時間で25日、今年のブッカー賞のロングリストが発表された。これを見ると、Hilary Mantel の "Bring up the Bodies" をはじめ、現地のファンのあいだで取り沙汰されていた作品がほとんどで、その意味では意外な選考ではない。ただ、Rachel Joyce の "The Unlikely Pilgrimage of Harold Fry" が入っているのにはガックリ。あちらの評判がいいのでぼくは一度注文したのだが、シノプシスをちらっと読み、何となくヤワな感じがしてブッカー賞には合わないだろうと思い、注文を取り消してしまった。
 全12冊の候補作の中で、ぼくがすでに読んでいるのは Mantel だけだ。ご存じ "Wolf Hall" の続編だが、前作から期待したほどの出来ではなく、評価は辛めである。もちろん異論はあると思う。それから、Nicola Barker も有名作家だ。2007年の最終候補作 "Darkmans" はとてもおもしろかった。同じ年、Tan Twan Eng の "The Gift of Rain" もロングリストに選ばれたが未読。
 以上がいちおう知っていると言える作家で、あとは現地ファンの下馬評で小耳にはさんだだけ。その下馬評をたよりに Vanessa Gebbie の "The Coward's Tale" を読み、大いに期待していたのだが見事に外れてしまった。ともかく、候補作を並べておこう。"Bring up the Bodies" のレビューは再録です。(追記:後日つけくわえたレビューもあります)。

Bring Up the Bodies

Bring Up the Bodies

[☆☆☆★★] 今回のヤマは、ヘンリー8世の新王妃となったアン・ブリーンが男子の世継ぎを産めず、処刑されるというおなじみの大事件。前作と同じく宮内長官トマス・クロムウェルの立場から描いたもので、前王妃キャサリンの他界、アンの流産、ヘンリーと女官ジェイン・シーモアの密通と、なんのケレンもなく史実どおりに進む。間然とするところのない構成で緻密な描写も健在だが、前作とちがって裏話、楽屋話の楽しさが影をひそめたのは残念。途中の山場も少ない。クロムウェルは相変わらず冷静な観察力と交渉術にたけ、カネを武器に各要人のあいだを自在に動きまわり、身勝手な国王の願望実現のために尽力する。が、そのしたたかな現実主義のおもしろさは二番煎じの感を否めず、また、トマス・モアの理想主義という対立軸をうしなったぶん、作品全体に深みが欠ける結果ともなっている。とはいえ、クロムウェルがアンの「愛人たち」を尋問するあたりから大いに盛り上がり、アンの処刑場面はもちろんリアルで凄惨をきわめる。クロムウェルの庇護者トマス・ウールジを失脚に導いた張本人たちへの復讐劇となっているのが新解釈かもしれない。クロムウェルの最期を予感させるくだりもあるが、国王に翻弄される現実主義者のはかなさは次作のお楽しみ。本書は結局、3部作のつなぎの役割しか果たしていないのでは。英語は時代をよく反映した古風な表現が目だつが、難易度はさほどでもない。
The Yips. by Nicola Barker

The Yips. by Nicola Barker

[☆☆☆★★★] 人生はおよそ不条理で無意味、混沌として何の脈絡もなく、予想外の事件が偶発的に起こるだけで、人はそれにふりまわされ、醜態を演じ、空疎な言葉を吐きちらしながらも不条理に耐えて生きるしかない。もしそれが人生の現実であるとしたら、本書はその現実を極端にデフォルメし、とことん戯画化した型破りなファースである。全編これ、活発でコミカルなおしゃべりに次ぐおしゃべり。その中身は脱線に次ぐ脱線。アクションはドタバタに次ぐドタバタ。通常の意味でのストーリー展開は皆無に近く、出てくる人物は、程度の差こそあれ、ほとんど奇人変人ばかり。比較的まともな人物も狂騒劇、ドタバタ喜劇に巻きこまれてしまう。こんな破天荒な〈トーク小説〉はちょっと読んだことがない。まさに度胆を抜かれるが、あまりに饒舌なおしゃべりと荒唐無稽な茶番のくりかえしにいささか食傷してしまう憾みもある。とはいえ、鋭い文明批評や人間性にかんする深い洞察も読みとれるほか、ナンセンスな口論や喜劇を通じて人生の不条理を端的に表現している点がじつにすばらしい。英語は爆発的なまでにエネルギッシュな文体で、口語や俗語、破格表現が頻出し、語彙の難易度も相当に高い。(8月18日)
The Teleportation Accident

The Teleportation Accident

[☆☆☆★★] まるでおもちゃ箱をひっくり返したように、いろいろ楽しい要素が雑然と詰めこまれた作品である。ドタバタ喜劇、ロマンス、スパイ・陰謀小説、歴史小説、SF。17世紀のヴェニスから約2万年後のロサンジェルスまで舞台もさまざまだが、大半を占めるのは1930〜40年代のベルリン、パリ、ロス。が、台頭するナチスの影やホロコーストの悲劇もかいま見えるものの、当時の物語らしい定番の流れはいっさいない。タイトルどおりテレポーテーション装置にまつわる事件が大きな山場ということもあるが、主人公のドイツ人青年が政治情勢から極力背をそむけ、ひたすら自分の願望を追い求め、欲望に走りつづけるのが最大の要因だ。ここから爆笑もののケッサクな珍事件が次々と起こり、そこに国家の謀略だの疑似科学だの脱線気味の諸要素が紛れこんだ結果、混沌とした世界が生じている。ひるがえって、それが第二次大戦前の混乱した世相を反映し、ひいてはテレポーテーションのような瞬間移動、つまり根無し草こそ人間存在の本質なのだと思わせる点があり、その意味で本書は、こっけいで、はかない人間の姿をいろいろな角度からとらえた喜劇と言えるだろう。が、永遠の価値の欠落、理想への無関心からは感動が生まれないことも忘れてはなるまい。現代の作品としては英語の語彙レヴェルはかなり高い。(9月8日)
Philida

Philida

The Garden of Evening Mists

The Garden of Evening Mists

[☆☆☆★] いわゆる従軍慰安婦南京大虐殺、日本の戦争責任など、日本人にとって看過することのできない重大な歴史問題、政治問題をはらんだ文字どおり問題作だが、純粋にフィクションとして見ると特筆すべき点が多い。まず自然描写の美しさ。マレーの山奥にある日本庭園が舞台とあって、木々や草花、風のそよぎをはじめ、微妙な色や〈空気の濃淡〉にいたるまで静かな筆致でみごとにとらえている。この技法は繊細な心理描写にも当てはまり、とりわけ、戦争体験を通じて日本人に怒りと憎しみを覚える中国系の女性ユン・リンと、彼女が造園術を学ぶべく弟子入りした亡命日本人の庭師アリトモのからみがすばらしい。こまかい心のひだに染みこんだ深い悲しみと喪失感がしみじみと伝わってくる。老いたユン・リンと面会する元神風特攻隊パイロットとその上官のやりとりなどにも、言い知れぬ痛切な思いがこもっている。が一方、善玉と悪玉が峻別され、大半の日本兵は蛮行をおかす鬼畜のごとき存在として描かれる。枯山水弓道、浮世絵などを通じて浮かびあがる日本人の精神文化とのギャップが激しい。よしんば蛮行が事実であったとして、〈もののあはれ〉を愛する民族がなぜ「鬼畜」と化したのか。そういう根本問題を素どおりして、一部の良心的な人間と大半の獣人に色分けする扱い方には大いに疑問を覚える。日本人にかぎらず、パスカルの言うように、人間とは「天使でも獣でもない」存在ではないのか。図式的な人間観が根底にある以上、美しい自然描写も巧みな心理表現もその魅力は半減すると言わざるをえない。図式的な人間観は、図式的な歴史観にも通じている。日本における刺青の歴史は詳しく書かれているが、なぜ日本が太平洋戦争へと突入していったのかという説明はいっさいない。列強の衝突や植民地の独立という大きな歴史の流れも無視されている。つまり、歴史の光と影を影一色に塗りこめているわけであり、こうした暗黒の歴史観が土台にあることを思うと、いちどは感嘆したはずの〈空気の濃淡〉もすっかり色あせてしまう。ただし、作者の歴史観、人間観に共鳴できる読者も多いはずで、本書はおそらく読者によって評価が分かれるという意味でも問題作だと思う。英語はごく標準的で読みやすい。(9月12日)
Skios

Skios

The Unlikely Pilgrimage Of Harold Fry

The Unlikely Pilgrimage Of Harold Fry

[☆☆☆★] 喪失と断絶、そして和解がテーマのロード・ノヴェル。イギリス南部の町に住む老人フライのもとに、遠い昔親交のあった女性から手紙が届く。ガンを患い、北部の町のホスピスに入院しているという。フライは衝動的に、歩いて見舞いに行こうと決心、500マイル以上に及ぶ旅に出る。自分が歩きつづけるかぎり女は生きている、と信じるフライ。〈感動的な奇跡の物語〉と言いたいところだが、その後の展開も結末もおおむね予想がつき、「奇跡」とは思えない。道々フライが人生をふりかえるのも定番で、心優しかった女性、今やすっかり疎遠な妻と息子など各人物の性格も類型的。お涙頂戴式とまでは言わないにしても感傷的で甘ったるい描写が多く、かつ同じような説明のくりかえしに退屈してしまう。求道者のごとく歩きつづけるフライに共感し、大勢の人びとが巡礼に参加するくだりなど、型どおりの展開に変化をつけたかったものとしか思えない。ただ定番ながら、ちょっとした心のふれあいに見るべきものがあり、胸を打たれる言葉や場面もある。重箱の隅をつつかないほうが楽しめるだろう。難語も散見されるが総じて読みやすい英語である。(8月11日)
Swimming Home

Swimming Home

[☆☆☆★] 夏の夜、フレンチ・リヴィエラの山道を疾走する車。別荘のプールで全裸で泳ぐ若い女。開幕早々、そんな派手なシーンが続出して幻惑されるが、やがて生と死という古典的なテーマが浮かびあがる。ただし、その提示の仕方はかなりトリッキーだ。上記の女キティーのほか、別荘に宿泊している有名な詩人とその妻子、友人夫妻などが交代で登場し、それぞれの人生模様が鋭いタッチで鮮やかに描かれる。夫婦のすれちがい、若者の恋、欲望、鬱屈した思い。観光地にふさわしく、いろいろなテーマで撮影された完璧なショットの連続である。そんな静かな光景の中に突然、感情の嵐が吹き荒れる。キティーが何度も異常な行動に走りながら詩人に急接近、冒頭シーンへと戻る。その流れに巧妙なトリックが仕掛けられているわけだが、真相を知っても古典的なテーマだけにインパクトはさほど受けない。途中のみごとなショットで持っているような作品だ。英語は標準的で読みやすい。(8月29日)
The Lighthouse

The Lighthouse

[☆☆☆☆] 幕切れ寸前、ミステリでもないのに高まるサスペンスに心臓がドキドキ。茫然としながら最後の章を読みおえた。2つの流れがいつかは結びつくものと思っていたが、まさかこうなるとは。人生の断面を鮮やかに切りとった、とてもウェルメイドな小品である。夏の終わり、イギリスの中年男が休暇を利用してライン川ぞいのハイキングに出かける。道々思い出すのは、最近別れたばかりの妻や、少年時代に離婚した両親、幼なじみの友人とその母など。どの場面でもまず男の行動が淡々と描かれるうちに、灯台を模した香水瓶やタバコ、懐中電灯などが引き金となり回想が始まる。この小道具の使い方がじつにうまい。男の孤独な匂いもいい。また過去・現在を問わず、各人物の微妙な心理のからみあいから生じる静かな緊張感がみなぎり、ホームドラマ、メロドラマとわかっていても終始釘づけにされる。一方、男が最初に泊まった小さなホテルでも、浮気女を中心に〈心のさざ波〉が静かにうねりつづける。胸を打たれる感動的な物語というほどではないが、少年の心をうしなわない男の人生を香水の瓶が象徴しているように、行間に深い余韻のある佳作である。英語は標準的で読みやすい。(8月27日)
Umbrella

Umbrella

Narcopolis

Narcopolis

[☆☆☆★] 1980年代初期に実在したかもしれぬ〈麻薬都市〉ボンベイ。本書はそれを紙上で再現しようとする試みである。アヘン窟の経営者や客、売人、売春婦など、社会の底辺にいる人びとが何を思い、何に苦しみ、どんな夢を見ながら暮らしていたか、その日常生活の断片、人生の断面が少しずつ明らかにされると同時に浮かびあがる、猥雑で混乱に満ち、不潔で貧しく、犯罪のはびこる麻薬の街。序盤は各エピソードが熟さぬうちに焦点が移動し、散漫で雑然とした雰囲気だが、これは本書がアヘンの煙を吸って見るパイプの夢、つまり夢物語であることの象徴とも言えよう。やがて人物関係が定まり、各人の人生と都市の風景が照応しはじめたところで物語も異様な熱気を帯び、夢と現実、記憶と幻想が入り混じった都市小説となる。ユニークな試みだが、いくらパイプの夢とはいえ、終盤でも散漫な構成が目だちピンぼけ気味。その最たる原因は、物語の核になる強烈なテーマが見当たらないことにある。ある時代、ある都市で暮らすことが人間の内面にとってどんな意味があるのか、それを深く掘り下げてこそはじめて〈都市小説〉と言えるのではないか。英語は現地語も混じり語彙的にむずかしめだが、難解というほどではない。(8月26日)
Communion Town. by Sam Thompson

Communion Town. by Sam Thompson