ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

2012年コスタ賞発表 / Ayana Mathis の “The Twelve Ttibes of Hattie” (1)

 2012年のコスタ賞最優秀作品賞は、Hilary Mantel の "Bring up the Bodies" に決定。'So it's Hilary Mantel, again.' と、あちらの読者がコメントを寄せていた。ブッカー賞とあわせてめでたく二冠達成だが、カナダのブロガー Kevin など釈然としない思いだろう。
 ぼくの評価も☆☆☆★★だっただけに、去年、旧大英帝国には、ほかにもっといい作品がなかったのかね、と言いたくなる。でもまあ、文学にはいろいろな見方があるものだから、今回の決定に大いに納得している人もいることだろう。
 閑話休題。Ayana Mathis の "The Twelve Tribes of Hattie" を読了。Michiko Kakutani の去年の10 Favorite Books、英米アマゾンの今月の Best Books、Oprah's Book Club の推薦図書にそれぞれ選ばれている。さっそくレビューを書いておこう。

The Twelve Tribes of Hattie

The Twelve Tribes of Hattie

[☆☆☆☆] 最後のくだりを読んでいるうちに、「受苦」という言葉が自然にうかんできた。そう、この60年近くにおよぶファミリー・サーガは、同時に、主人公の黒人女、ハッティーのまさしく受苦の物語にほかならない。ファミリー・サーガといえば大河小説が通例だが、本書の場合、連作短編集といっていいほど独立したエピソードがつづく。ジョージアの田舎町から大都会フィラデルフィアに出てきたハッティーの苦難。彼女の息子や娘、孫娘たちの苦悩。その小さな流れを時代の流れとともに生みだし、また一つにまとめているのがハッティーの苦渋に満ちた人生である。貧困、人種差別、家族同士の確執、犠牲と忍耐。とりわけ、親子の絆にからんだ悲痛な物語に胸をえぐられる。昔の話にあとで少しずつ状況説明が付け足され、その話を読んだときの感動に、さらに複雑な思いがくわわる。どのエピソードにも情感がこもり、時に感傷的な場面もあるが、安易な妥協や解決はいっさい示されない。家族をもうけることの厳しさを改めて思い知らされ、しかし根底には深い愛情が流れる受苦の物語である。黒人のブロークンな会話表現を除けば英語は総じて標準的だが、緊密な文体で集中力を要求される。