ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Joyce Carol Oates の “A Garden of Earthly Delights” (1)

 Joyce Carol Oates の第2作、"A Garden of Earthly Delights" (1967) を読了。1968年の全米図書賞最終候補作である。さっそくレビューを書いておこう。

A Garden of Earthly Delights (The Wonderland Quartet)

A Garden of Earthly Delights (The Wonderland Quartet)

[☆☆☆☆★] 人間の魂はマグマのようなものかもしれない。ふだんは地下深くで蠢動しているため、その動きは目に見えない。が、やがて不穏な兆候があり、ある日突然、噴出爆発する。本書で何度か起きる激しい〈魂の爆発〉には、陳腐な形容だが息をのむばかりだ。怒り、暴力、情欲、実存の叫び。事件そのものは意外に単純で、乱闘やメロドラマ、家庭の悲劇の域を出ない。また途中の風景としても平凡な日常生活がつづく。が、そこに登場する人びとは身分や階層、立場が微妙に、あるいは決定的に異なり、ささいな言葉やふるまいにも感情的な対立が読みとれ、どの場面をとっても〈日常のスリル、日常のサスペンス〉とでもいうべき緊張感に充ち満ちている。その立場の違い、軋轢が次第に明らかにされるとともに緊張が高まり、やがて一気に爆発する。最初の爆発がかなり早い段階で起こるため、あとはどの要素がどうからみ、どんな大事件へとつながるのかと固唾をのんで見守るしかない。実際には何もなくてもサスペンスがつのる〈ジョーズ効果〉さえある。彼らの対立は人生観や世界観の相違から生じる衝突ではなく、その意味では深みはない。が、その代わり、平凡な毎日を送る者同士のぶつかり合いという点で、ここには人間の生々しい現実がえがかれている。主役は当初、貧しい白人の農場労働者だ。その3世代にわたる家族が第二次大戦をはさんだ20世紀中葉、社会の底辺から次第にはい上がって行くうちに数々の事件に遭遇する。彼らの「生々しい現実」は、そのままアメリカの生活史でもある。英語は俗語まじりの会話を除けば標準的で読みやすい。