ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

William Trevor の “The Story of Lucy Gault” (1)

 2002年のブッカー賞最終候補作、William Trevor の "The Story of Lucy Gault" を読了。さっそくレビューを書いておこう。

The Story of Lucy Gault

The Story of Lucy Gault

[☆☆☆] 1921年アイルランドの海を望む屋敷で暮らす8歳の少女ルーシー。彼女は偶然のいたずらとしか言いようのない出来事がきっかけで突然、両親と離別。以後、その運命をいかに受けいれ、どんな人生を歩んだのかという展開だ。発端の事件はアイルランドの国内情勢とかかわりがあり、やがて第二次大戦も勃発するが、どちらもルーシーの物語の中では、たんなる時代背景にすぎない。すべて私生活において偶発事件が起こり、それが彼女や両親の生き方に左右され運命的なものとなる。それゆえ、いかにも「小さな説」らしい地味な小説である。その説とは、試練によって愛が深まり、災いをもたらした相手を赦すことから喜びが生まれる、というものだが、中盤、ルーシーが青年と恋に落ちるくだりに代表されるように、いささか唐突な展開が目だち、人物のからみが図式的。あまりに簡潔すぎて、性格や心理の書きこみが不足している。ルーシーには、たとえば『情事の終り』におけるサラのような倫理的葛藤がない。これまた「小さな説」たるゆえんである。