ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

2013年ブッカー賞ロングリスト発表 (2013 Man Booker Prize Longlist)

 どうやら今年のブッカー賞のロングリストが発表されたようですな。見ると、ぼくの「直前予想」で当たったのは、以下にレビューを再録した3冊のみ。まだ読んでいる途中なのに、「今年の大本命かもしれませんよ!」とアドバルーンを上げた Chimamanda Ngozi Adichie の "Americanah" は、みごとに落選してしまった! 逆に、ぼくが泡沫候補くらいにしか考えていなかった Tóibín が入選するとは……。
 ノミネートされた作家のうち、ぼくにとってなじみ深いのは、ご存じ Jhumpa Lahiri と Colum McCann のほか、Charlotte Mendelson である。2008年のオレンジ賞候補作 "When We Were Bad" [☆☆☆★★★] は、昔のレビューを読みかえしてみたところ、けっこう楽しかった記憶がよみがえってきた。
 なお、McCann は下馬評も高かったようだ。例の Eligible サイトで直前に人気が急上昇、Adichie を一気に抜き去っていたので、もしやとは思ったのだが……。
 それから、Tash Aw も気になっていたが、ぼくがわりと買っていた Mohsin Hamid の "How To Get Filthy Rich in Rising Asia" と似たような話らしいのでパスしてしまった。
 ともあれ、13人中7人も未読の作家とは、いつもながら不勉強でイヤになります。

Five Star Billionaire: A Novel

Five Star Billionaire: A Novel

  • 作者:Aw, Tash
  • 発売日: 2013/07/02
  • メディア: ハードカバー
[☆☆☆★★★] 現代の上海版「虚栄の市」、いや、「虚妄の市」というべきだろう。題名から連想されるようなサクセス・ストーリーではない。むろん億万長者は登場する。 成功指南書が紹介され、その著者も、指針を信じて日夜努力する女も顔を出す。が、その努力が実を結ぶことはついにない。一攫千金の夢を見て、マレーシアや中国の田舎からアジア最大級の都市にやって来た人びと。その出身地および上海での悪戦苦闘ぶりが次々に描かれる。当初は無関係に思えた彼らが次第に結びつき、打算と欲望が渦巻き、厳しいビジネスの実態が明らかにされる。ここはほんとうに共産国なのか。彼の地、彼の国の事情にうとい素人には驚嘆の連続であり、経済的にはまさに資本主義社会そのものである。ひるがえって、この驚きの舞台がなければ、たとえば不動産売買をめぐる駆け引きなどは日常茶飯。マレーシア編にしても、民族色豊かだからこそ読みがいのある物語となっている点は否定できない。本書の眼目はむしろ、人間の絆にある。彼らのほとんどは財産や名声だけでなく、愛情を、心の友を求めているのだ。台湾出身の有名歌手がスターの座から転落したあと、チャットで心の傷をいやし、上海郊外のカフェで入魂の歌を唄いはじめる。華やかで活気に満ちた大都会に住む人びとも、みんな傷つき、そして孤独なのだ。愛もまた虚妄かもしれない。悲哀と絶望の色が濃くなる。そこに射しこむ、かすかな希望の光。こうした流れもまた定番ではあるが、各人の心の動きや、それが投射された心象風景の描写がすこぶる緻密であり、上の舞台効果を超えて胸に響いてくる。力作である。英語はよく練られた緊密な文体で、構文や語彙という点では標準的で読みやすい。(8月11日)
We Need New Names

We Need New Names

[☆☆☆★★] ジンバブエからアメリカに移住した少女ダーリンの体験を綴った青春小説。実質的には短編集の味わいで、前半はダーリンをはじめ、貧しい村の少年少女たちが繰りひろげる狂騒劇が楽しい。教会での悪魔払いの儀式や、少女の中絶騒ぎなど抱腹絶倒もの。一方、死の床にあるダーリンの父親をワルガキたちが見舞うシーンには、しんみりさせられる。かと思えば、黒人たちが白人の屋敷を襲撃する事件や、子供たちがある政治活動家の惨殺事件を再現するくだりでは緊張が走り、子供の無邪気さと残酷さが浮き彫りにされる。後半では、ダーリンがアメリカでうけたカルチャーショックや、二度と帰れなくなった祖国への複雑な思い、さらには、本名を隠し、新しい名前で不法就労に従事する移民同士のふれあい、彼らの塗炭の苦しみなどが描かれる。いずれも想定内のテーマだが、テンポよく畳みかけるような文体がすこぶる効果的で思わず引きこまれる。両親や友人だけでなく、自国の文化そのものと決別し、移住先ではみずからの子供とも断絶をしいられる第一世代の移民たち。もとより完全に絆が切れるわけではなく、彼らの引き裂かれた心を、青春小説のスタイルでみごとにとらえた作品である。(8月7日)
The Luminaries

The Luminaries

  • 作者:Catton, Eleanor
  • 発売日: 2013/08/01
  • メディア: ハードカバー
Harvest

Harvest

  • 作者:Crace, Jim
  • 発売日: 2013/02/01
  • メディア: ハードカバー
[☆☆☆★★] 舞台はイギリスの片田舎。まだ荘園領主が村を治めていた時代、不心得者が領主の館で失火騒ぎを起こし、それきっかけに悲劇がはじまる。深読みかもしれないが、これは現代社会に警鐘を鳴らす寓話小説として解釈することが可能である。どんなに平和で繁栄した社会でも、不都合な真実を隠蔽するうちに混乱が生じ、最悪の場合には社会全体が崩壊してしまう。その過程にはさまざまな負の連鎖がある。真実の隠蔽はもちろん、縄張り意識と差別、大衆への迎合、集団ヒステリー、魔女狩りユートピアの欺瞞、権力者の恣意と優柔不断、権力の空白がもたらす無秩序、正義感に駆られた人間のふるう暴力。当初はのどかな田園風景にふさわしいゆるやかな展開で、しかも上記の要素が複雑にからまり、なかなか話の方向が見えないが、やがて事件が次第にエスカレート。気がついたときには、主人公ともども社会の崩壊を目のあたりにすることになる。それはいわば複合現象であり、どれかひとつが決定的な要因とは言いがたい。そのぶん焦点がぼやけ、インパクトに欠ける憾みがあるが、こうした負の連鎖こそ、じつはすこぶる現代的な崩壊過程なのかもしれない。英語は重厚かつ緻密な文体で、時代を反映した古風な表現に特色があり、語彙的にもややむずかしい。
The Marrying Of Chani Kaufman

The Marrying Of Chani Kaufman

  • 作者:Harris, Eve
  • 発売日: 2010/02/18
  • メディア: ペーパーバック
The Kill: The Kills Part 3

The Kill: The Kills Part 3

  • 作者:House, Richard
  • 発売日: 2013/06/20
  • メディア: ペーパーバック
The Lowland

The Lowland

  • 作者:Lahiri, Jhumpa
  • 発売日: 2013/09/08
  • メディア: ペーパーバック
[☆☆☆★★] 雨が降れば水につかるカルカッタ市内の低地。少年時代にそこで遊んだ兄弟と、その家族の1960年代から現代まで、ほぼ半世紀にわたるファミリー・サーガ。時に回想が混じることもあるが、もっぱらクロニクル風の展開で、即物的といっていいほど淡々と客観描写がつづく。テーマは家族の絆である。兄弟や夫婦、親子などの愛と憎しみ、確執と和解が抑制された筆致で描かれ、書きようによってはお涙頂戴式になる場面でも、行間から深い感情がにじみ出てくるようで、かえってえぐりが効いている。若くしてアメリカに渡った兄とその妻、二人の娘の静かなバトルが読みどころ。とりわけ、それまでぐっと抑えていた感情が堰を切ってほとばしる妻と娘の対決は息をのむばかりで、そのあと、ハートウォーミングな孫娘の話をさりげなく持ち出す、といった緩急自在の職人芸が光る。カルカッタで過激派の組織に参加、テロ活動をおこなう弟をファミリー・サーガのいわば定点にすえることで、インドの現代史の潮流が見える一方、インド独特の家族のしきたりも物語の鍵となるなど、上記のテーマもふくめて定石どおり。堅牢な作りで水準に達しているが、旧作と較べるともの足りない。英語は標準的で読みやすい。(9月29日)
Unexploded

Unexploded

  • 作者:MacLeod, Alison
  • 発売日: 2013/07/26
  • メディア: ハードカバー
TransAtlantic

TransAtlantic

  • 作者:McCann, Colum
  • 発売日: 2013/05/23
  • メディア: ハードカバー
[☆☆☆★] アメリカの奴隷制時代から21世紀の現代にいたるまで、大西洋をわたった人びとの運命的な絆と、それぞれの悲哀と苦悩、喪失の歴史を断片的に綴った〈私的歴史小説〉。前半は完全に独立した短編からなり、統一したテーマは見えない。結果的に番外編ながら、北アイルランド紛争の和平交渉に尽力した米上院議員の登場する第3話が秀逸だ。家族を思いやる議員の心情がストレートに伝わってきて胸を打つ。後半、次第に運命の糸が結びつき、おわってみれば、たしかにこれは長編小説である。とりわけ、ほぼ百年前に書かれたまま未開封だった曾祖母の手紙の内容を、アイルランドの湖畔の家で孫娘が知ったとき、それまで断片にすぎなかった個々の「悲哀と苦悩、喪失」がひとつにまとまり、彼女だけでなく読者も茫然となる。その場面をはじめ、簡潔な描写によって感情が凝縮された静かな心象風景がたとえようもなく美しい。そこに家族の絆や、他人との結びつき、運命の糸が端的に象徴されているところもいい。が一方、これは要するに、それだけの作品とも言える。常識的な内容に終始している点がもの足りない。英語は難語も散見されるが、総じて標準的で読みやすい。(8月5日)
Almost English

Almost English

[☆☆☆★★] ケッサクな恋愛・家庭・学園コメディーである。終始一貫、思わずクスっと笑ってしまう愉快なエピソードが連続。文学的な深みは望むべくもないが、こんな小説でそれを望むのは野暮、と割り切るのが大人の知恵だろう。ドジで不器用だが、うぶで純情な高校生の娘マリーナと、おなじくドジで不器用だが、家族思いで愛情豊かな母親ローラの話が平行して進む。電柱にぶつかったり、ディナーの席で皿をひっくり返したり、といった寸劇は日常茶飯。マリーナはイケメン少年にあこがれるうち、ようやくほかにボーイフレンドができたものの、その果敢なアタックを受けてドギマギ。夫が家出したあと、娘ともども義理の母親と同居するようになったローラも、不倫相手の医師の妻と顔をつきあわせてアタフタ。そこへなんと、長らく音信不通だった夫が手紙をよこし……と、おもな出来事をひろってみても他愛もないものばかりだ。それなのに「思わずクスっと笑ってしまう」のは、ひとえに作者の話術が巧妙だからである。主筋だけでなく、母と娘の心理状態もパラレルで、一方がパニックにおちいったときは相手もまたしかり、という展開もうまい。難易度の高い口語表現も散見されるが、英語は総じて標準的で読みやすい。(9月6日)
A Tale for the Time Being

A Tale for the Time Being

  • 作者:Ozeki, Ruth L.
  • 発売日: 2013/03/01
  • メディア: ハードカバー
[☆☆☆★★★] 終盤、夢なのか現実なのかマジックリアリズムの世界のような事件が発生。やがてその謎を量子力学の立場から多元宇宙の一例として解明しようとする試みがなされる。いささか理に落ちた結末で尻すぼみだが、終盤にいたるまでの展開は非常に読みごたえがある。アメリカ育ちの日本人の十代の娘ナオが、秋葉原メイド喫茶で英語で日記を書きつづける。その日記が数年後、バンクーバー近くの離れ小島の海岸にプラスチック袋入りで漂着。それを拾った日系人の女性ルースが大いに関心を示し、同時に彼女の人生も綴られるという二重構造だ。太平洋戦争末期に特攻隊員として戦死したナオの大伯父の手紙や日記も挿入され、時には三重ともいえる複雑な語りの構造がじつに巧妙。太平洋戦争のほか、9.11テロ事件、イラク戦争、さらには東日本大震災と福島の原発事故という歴史的大事件を、3つの物語の中で齟齬なく結びつける力業にも舌を巻く。アキバの猥雑な風俗と、カナダの静かな自然と人情のコントラストも鮮やかだ。が、何より胸を打つのはやはりナオの物語だろう。日本に帰国後、父親が何度か自殺未遂。東京の中学校でナオが受けた想像を絶する、しかし現実にありそうな恐るべきいじめと暴行。その試練を彼女はどう乗りこえて行くのか。彼女に感化を与えるのが禅寺の住職で曾祖母のジコー。もっぱらこのジコーの言葉と、道元の『正法眼蔵』からの引用が本書のタイトル、『時間存在の物語』(『当座の物語』よりテーマに直結)へとつながっている。これは、人間にとって時間とは、存在とは、生とは、死とは何かという問題について、決して観念的ではなく、個々の具体的な瞬間を生きる意味から考え直すきっかけとなる作品なのである。ひと言でいえば人間の運命の問題だが、戦争もテロも、異なる正義や価値観の衝突がもたらす運命の悲劇であり、まさしく多元宇宙の所産である。ところが、本書における戦争のとらえ方には〈正義の多元性〉という視点がいささか欠けている。ナオやルースなど、中心人物の個人としての存在が陰翳豊かに造形されているのとは対照的に、一面的、図式的な人間観・歴史観がかいま見えるのが惜しい。これでは道元の教えも個人的な悟りの勧めにすぎないのではないか、という疑念さえわいてくる。英語は難度の高い表現も散見されるものの、総じて標準的で読みやすい。(9月24日)
The Spinning Heart

The Spinning Heart

  • 作者:Ryan, Donal
  • 発売日: 2012/10/11
  • メディア: ペーパーバック
[☆☆☆★] アイルランドの小さな村を舞台とする、実質的にはショートショート集といってもいい輪舞形式の長編。短い生活スケッチ風の物語の中で、さまざまな人物の独白が連続するうちに、第1話に登場する建築業者ボビーの人生が浮かびあがる。テーマは大ざっぱにいえば生と死、そして愛。親子や兄弟など肉親の死がたびたび話題となり、見かけとは裏腹に、激しい憎しみや恨みもふくめた各人の心中に渦巻く感情が赤裸々に綴られる。この表面と深層心理の落差、および愛憎なかばする心の動きを描くには、視点が目まぐるしく変化する輪舞形式は最適の方法のひとつかもしれない。「回転する心」とはまさに言い得て妙のタイトルである。人は生きていくうちに、何度かつらく悲しい出来事に出会うが、それも生きていればこその話だ。同様に、人は人を愛するうちに憎しみ、それがまた愛する意味にもなる。そんな当たり前のことを思い出すシーンに胸をえぐられる。ただし、後半に起きる子供の誘拐事件は蛇足。逆にこれがないと単調になるものの、結果的にいわば「心が回転しすぎてしまった」のが惜しい。英語は俗語や方言などブロークンな口語表現が続出し、現代の作品としてはむずかしめである。
The Testament of Mary

The Testament of Mary

  • 作者:COLM TOIBIN
  • 発売日: 2012/11/13
  • メディア: ハードカバー
[☆☆☆] 聖書における聖母マリアの記述は非常に少なく、さらに、その心情を綴ったものとなると皆無。本書はそんな「歴史の空白」を埋めるべく書かれた聖書の番外編。キリストの死後何年もたったあと、死期を悟ったマリアが生前のキリストと処刑前後の出来事を回想する。子供に愛情をそそぎ、その身を案じ、子供を亡くして悲嘆にくれる母親マリア。恐怖におののき、何よりわが身の安全を考えるという人間的な弱ささえ露呈する。マリアも聖母である前に、ごくふつうの母親、ふつうの人間だったのだという解釈である。真偽のほどはさておき、キリストの処刑といえば世界史上最大の事件のひとつのはずなのに、本書からはその衝撃がさっぱり伝わってこない。「聖書の番外編」といっても、実際はすべて小さなホームドラマと化している。マリアに母親としての苦悩があったことは想像に難くないが、神の子イエスから宗教的感化を受けることはまったくなかったのだろうか。もし受けたとすれば、それは人間的苦悩にどんな変化を与えたのだろう。トビーンほどの大家なら、そのあたりの葛藤をじっくり描くこともできたろうに、本書のマリア像はいかにも平板。どだい中編小説で扱うべきテーマではなかったのではないか。英語はトビーンらしい繊細なタッチの名文で読みやすい。