ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Chimamanda Ngozi Adichie の “Americanah” (1)

 諸般の事情で予定よりずいぶん遅れてしまったが、Chimamanda Ngozi Adichie の新作 "Americanah" をなんとか読了。さっそくレビューを書いておこう。

Americanah (ALA Notable Books for Adults)

Americanah (ALA Notable Books for Adults)

[☆☆☆☆] なるほど、この手があったか、とまず感心した。アメリカにおける人種差別という文学的には古びたテーマを、みごとに現代的に処理しているからだ。オバマが黒人初のアメリカ大統領となった当時、ナイジェリアから渡米した若い女イフェメルがブログを開始。日常生活で体験した差別、あるいは差別意識の現実をユーモアたっぷりに報告する。このブログの記事と前後して、もっぱら仕事や恋愛における彼女の悪戦苦闘ぶりが描かれるのが本書のハイライト。ブログと彼女の渡米生活を通じて、現代でもいまだに黒人差別が根強く残っているようすが手に取るようにわかる。観察結果をありのままに、しかしフィクションというフィルターを介して巧みに表現したものと言える。だが本書のテーマは差別にとどまらない。男と別れ、ブログも閉鎖し、長い渡米生活をおえて帰国を決意したイフェメルが娘時代からの人生を回想し、それがおわるとこんどは現在進行形の物語が始まる。妥協を拒み、自分の意見をはっきり主張する女性がどんな試練に出会い、どのように成長していったか。その大きな流れの中で人種差別の問題もとらえるべきである。各人物の存在感あふれる性格造形、微妙な心理、複雑な人間関係、情感のこもった一瞬の光景など、どの描写も的確ですばらしい。それゆえ終盤、意外に平凡なメロドラマとなっても気にならない。ナイジェリア版、女の一代記、ただし、まだまだ続く人生物語である。英語は知的で洗練された文体で、難語も散見されるが総じて標準的で読みやすい。