ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

A. S. Byatt の “Possession”(1)

 1990年のブッカー賞受賞作、A. S. Byatt の "Possession" を読了。雑感でふれたように、途中まで☆4つ。★を1つ追加しようかどうか迷っているうちに読み終えてしまった。前回述べたような不満は残るものの、Byatt の力業に敬意を表して結局、オマケすることにした。

Possession (Everymans Library)

Possession (Everymans Library)

[☆☆☆☆★] 根底にあるのはメロドラマだが、それをさまざまな技巧によって芸術作品に高めた力業が圧倒的である。ヴィクトリア朝の高名な二人の詩人に男女関係があったのでは、と現代の学者たちが真相を探るのが主筋ということで、当時の文体で書かれたものとおぼしい英詩や書簡、日記などが多数引用され、まずそれだけで豪華絢爛。学者たちの論文とあわせ、架空の詩人たちを実在の人物と思わせる〈信憑性〉十分だ。こうした虚構のもつ説得力ゆえに、詩人たちの憑かれたような恋愛も読みごたえがあり、メロドラマの永遠性を感じさせる。一方、現代の学者が学問の対象にとり憑かれ、尋常ならざる行動に走る姿も迫力満点だ。こちらも恋愛がからみ、相違点はあるもののヴィクトリア朝の恋愛と同時進行。申し分ない劇的展開である。書簡や日記には詩人の家族、友人のものもふくまれ、現代編では、主役の男女に公私ともどもかかわる学者や詩人の子孫たちも登場。複雑な利害関係がリアルに描かれる。このように、過去と現在という時間的二重構造に加えて〈多声構造〉が重層的にからみあい、しかもそれぞれの人物造形や情景描写が細密画のような仕上がりだ。まさに力業というほかはない。二人の詩人の関係が明らかになったことでその作品解釈がどう変更され、それが現代人にどんな意味をもつのか、といった点に疑問は残るが、作者はその疑問を解消する努力も試みている。★を1つ追加したゆえんである。
(写真は宇和島市八幡神社。本殿前のイブキの巨木は樹齢800年と推定され、国の天然記念物。源義経が家臣に植えさせたという伝説もある)。