ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Andre Alexis の “Fifteen Dogs” (1)

 2015年のギラー賞(the Scotiabank Giller Prize)受賞作、Andre Alexis の "Fifteen Dogs" を読了。この賞は日本の一般読者にはなじみが薄いかもしれないが、カナダでは最も権威のある文学賞である。

Fifteen Dogs

Fifteen Dogs

[☆☆☆★] アポロ神とヘルメス神がトロントのバーで人間性について話し合い、人間の知性を有した動物が幸福になるかどうか賭けをする。市内の15匹の犬でさっそく実験開始。犬たちは人間の言葉でやりとりするようになる。着想はおもしろい。犬らしく生きる道を選ぶ守旧派と、変化した現実を受け容れる新思考派に分裂。やがて殺戮が始まるところは、人間だけが正義のために敵を殺す、という動物との違いを端的に示して秀逸である。厳しい階級序列とそれに対する反発しかり。帰らぬ主人を本能で待つのか、正しい行為だから待つのかと考えながら5年も待ち続ける犬の話は泣ける。授かった知性を私利私欲のみに活用する犬や、詩作に興じて守旧派に嫌われる犬の登場もいい。結局、人間の知性は幸福をもたらすものとはかぎらない。当然の帰結であり、残念ながら人間性にかんする目新しい指摘はどこにもない。上の殺戮は背筋の凍るような話になったはずだが迫力不足。しかもその後、前半ほどの盛り上がりもない。知性が危険な道具となりうる点をもっと掘り下げるべきだったのではないか。
(写真は、宇和島市来村(くのむら)川の河口から眺めた港)