ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Valeria Luiselli の “The Story of My Teeth” (1)

 先日発表された2015年のロサンゼルス・タイムズ紙文学賞(Los Angeles Times Book Prize for Fiction)の受賞作、Valeria Luiselli の "The Story of My Teeth" を読了。これは今年(対象はLAタイムズ紙賞と同じく2015年)の全米批評家協会賞の最終候補作でもあった。Luiselli はメキシコの若手女流作家で、本書はスペイン語からの英訳である。さっそくレビューを書いておこう。

The Story of My Teeth

The Story of My Teeth

[☆☆☆★] 作者の「あとがき」から言葉を借りれば、現実とフィクションの「コラボレーション」。とくれば、ラテン・アメリカ文学おなじみのマジック・リアリズム、あるいはメタフィクションを連想するとおり、本書もその流れを汲む作品である。世界一の競売人を自負する男が登場。マリリン・モンローの歯を入手し、自分の乱杭歯の代わりに移植したあと元の歯を、さてはそのモンローの歯までオークションにかける。歯以外の競売品についてもそれぞれ、ほら話のような由来の説明がユーモラスで楽しい。前半はとにかく奇想天外な設定で、夢とも現実ともつかぬ奇怪な事件も発生。それを後半、男の一生ともども第三者の立場から解説したのち、「現場写真」や年代記でフィクションを現実と融合させるという構成だ。その試みはかなり成功しているが、物足りない点もある。こうしたマジック・リアリズムメタフィクションの技法によってしか描きえない現実、人生の真実がさっぱり見えてこないのである。まだ若い作家だ。今後に期待しよう。
(写真は、宇和島市辰野川にかかる旧丸穂橋。補修はされているが古い石橋だ)