ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Yann Martel の “The High Mountains of Portugal” (1)

 Yann Martel の最新作、"The High Mountains of Portugyal" を読了。あちらのファンのあいだでは、今年のブッカー賞の有資格候補作と目されている。ペイパーバック版は日本では未発売だが、アマゾン・カナダで買うと、送料込みでも日本で売られているハードカバーより安い。

The High Mountains of Portugal

The High Mountains of Portugal

[☆☆☆★★★] 謎はのこる。結末も消化不良気味。それでもこの不可思議なエピソードとユーモアに満ちた奇想小説からは、現代人の孤独と絶望、深い悲しみ、そしてその試練を乗り越え、心の救済を求めようとする姿が次第に浮かび上がってくる。処方箋のない時代にふさわしい寓話的な作品である。3部構成の中心にあるのは、ポルトガルの山村の教会に安置されたキリストの十字架像。20世紀初頭から80年代にかけて、十字架像をひと目見ようとする男と、像ゆかりの遺物を意外な場所で見つけた女、運命の糸にたぐり寄せられるように像と出会った男の物語が綴られる。一見何の脈絡もない、しかし抱腹絶倒ものの、あるいは奇妙きてれつな、はたまたクリスティー推理小説をめぐる考察のように興味ぶかい断片がタペストリーさながら幾重にも織り込まれ、その巧妙な話術とユーモアあふれる筆致に魅了される。各エピソードがどこでどう結びつくかは予測不可能。わけがわからぬまま物語を楽しむしかない。が、やがてとうとう複雑な模様が上の心象風景へと収斂する。十字架像が中心にあるとはいえ、宗教は救いの道ではない。しかし書中、何度か繰り返される「ここがわが家だ」との言葉が示すように、自分の心のふるさとを見いだし、そして何より心と心がふれあうこと。そこにかすかな希望があることを暗示しつつ本書は幕を閉じる。すべて語り尽くされたわけではないが、深い余韻に陶然となる瞬間だ。
(写真は、宇和島市毛山橋から眺めた神田(じんでん)川)。