ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Gerbrand Bakker の "The Detour" (1)

 愛媛の田舎に帰ったら本書を一気に片付けようと思っていたのだが、いざ帰省してみると当て外れ。オリンピック放送を見るか睡眠か、というグータラ生活が始まってしまった。
 これではいかん、と昨日からギアチェンジ。先ほどようやく読みおえた。2013年の Independent Foreign Fiction Prize の受賞作で、2014年の国際ダブリン文学賞最終候補作でもある。さっそくレビューを書いておこう。

The Detour

The Detour

[☆☆☆★★] タイトルの意味は最後にわかる。それまで謎と暗示に満ちた「回り道」を楽しむ小説である。女はなぜアムステルダムに夫を残して単身、緑豊かなウェールズの田舎町に住みはじめたのか。詮索好きな隣人とつきあい、黙々と雑事をこなし、森の中を散策する女。彼女はエミリ・ディキンソンの専門家で、さりげない描写を通じて次第にディキンソンの詩さながら、傷ついた孤独な女性の人生が浮かび上がる。愛、別離、死。静かな行間に深い悲しみが立ちこめている。胸が張り裂けそうになる人生最後の「回り道」だが、その逃避行で女が出会った少年の「回り道」に救われる。