ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Jacqueline Woodson の “Another Brooklyn” (1)

 ゆうべ、今年の全米図書賞の最終候補作、Jacqueline Woodson の "Another Brooklyn" を読了。すぐにレビューを書きたかったのだが、いつも駄文のわりに時間がかかるのであきらめた。ひと晩寝かせた効果はあるでしょうか。

Another Brooklyn: A Novel (English Edition)

Another Brooklyn: A Novel (English Edition)

[☆☆☆★★] 思い出すことども。それは人との出会い、そして別れである。とりわけ家族や、多感な青春時代をともに歩んだ友人たちとの出会いと別れ。人生でこれほど切ない思い出はないかもしれない。本書はそうした記憶の断片をちりばめ、一瞬の光景を点在させたリリカルな詩情あふれる作品である。感傷的になりがちなテーマだが、最初はいささか理解に苦しむほど各ピースが分散。それが次第にいくつかの絵柄に収斂するというジグソーパズル方式が功を奏し、忘れ得ぬ人々への思いがしみじみと伝わってくる。1970年代、アフリカ系のヒロインが思春期を過ごした危険な街、ブルックリン。少女は、何を見て何を感じながら大人に近づいていったのか。ひるがえって自分は、と読者自身、わが青春を振り返りたくなることだろう。