ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Paul Auster の “4321”(1)

 数日前、Paul Auster の "4321"(2017)をやっと読了。866ページもある分厚いハードカバーで、腕力のない通勤読書派のぼくは持ち運びにかなり苦労した。ペイパーバックの分冊版が欲しいところだ。きょうは日曜日。〈自宅残業〉の合間にレビューらしきものを書いておこう。

4 3 2 1

4 3 2 1

[☆☆☆★★★] 大力作のメタフィクションである。1900年、ニューヨーク港に降り立ったユダヤ系ロシア移民の孫ファーガソンが少年時代から70年まで、4とおりの人生を歩む姿をえがいたもの。SFのパラレル・ワールドに近い設定だが、単なる思いつきではなく歴とした必然性があり、仮想現実とフィクションがごく自然に融合している。家族や友人、恋人たちとのふれあいがもたらす心中の葛藤は青春の嵐そのものだが、それは同時にケネディの登場と暗殺、ヴェトナム戦争反戦運動コロンビア大学紛争、黒人公民権運動など、60年代の大事件や政治状況とも密接にかかわっており、四者四様、それぞれ同じ激動の時代に思春期を過ごした歴史の生き証人の回顧録、壮大な〈総合青春小説〉に仕上がっている。また中には、世界の名著名作にふれることで文学に傾斜し、学生新聞への投稿や仏詩の翻訳などを通じて創作活動を始めるファーガソンもいて、ユダヤ系という出自や年齢も考慮すると、これはオースターが自身の体験をフィクション化した自伝小説と位置づけることもできる。青春とはいろいろな可能性を秘めた時代であり、その可能性を4つのパターンに大別し、それぞれの流れを追いかけたもの、というのが本書のメタフィクションたるゆえんであり、"Winter Journal"(2012)や "Report from the Interior"(2013)という自伝シリーズの延長線上にある総決算的な小説とも言える。それゆえこの膨大な量となったわけだが、残念ながら力作どまり。傑作とは評しかねる。4とおりの人生、4つの可能性はえがかれていても、4つの価値観が提出されているわけではないからだ。異なる価値と価値の激突は、たとえばヴェトナム戦争をめぐるものなど、あくまで外的・政治的な衝突にとどまり、4人のファーガソンがそれぞれ異なる人生観・世界観を有して内的・精神的に対立しているわけではない。酷評すれば4人とも似たり寄ったり。それなら、これほどの紙幅を費やしてパラレル・ワールドを構築するまでもなかったのではないか、ということになる。自伝小説ゆえの限界とも言えようが、巨匠オースターにはその限界を超えて欲しかった。それが超えられなかったところに彼の限界があるのかもしれない。