ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

LJ Ross の “Holy Island”(1)

 イギリスのベストセラー作家 LJ Ross の Ryan 警部シリーズ第1作、"Holy Island"(2015)を読了。さっそくレビューを書いておこう。

[☆☆☆] クリスマスの数日前、イギリス北東部の観光地ホーリー島で凄惨な連続殺人事件が発生。たまたま当地に滞在していた休職中の警部ライアンが職務に復帰、捜査を開始する。その協力をライアンの上司から要請されたのが島の出身者で、異教信仰に造詣の深い宗教学者アンナ。島の名所の修道院跡で発見された最初の被害者、若い娘の死体には奇妙なしるしが刻され、どうやら彼女は宗教儀式の生け贄になったようなのだ。ライアンの休職には精神的な理由があり、アンナも久しぶりに再会した姉との確執に苦しんでいる。その姉にこんどは魔の手が…。風光明媚な観光地、センセーショナルな儀式殺人、心に傷のある美男美女の出会い。こういう要素を盛り込めば、たしかにベストセラーにならないわけがない。適度に謎解きのおもしろさもあり、とりわけ犯人逮捕にいたる最後の対決シーンは迫力満点、大いに楽しめる。ライアンの指示に反してアンナが勝手に行動した結果、あやうく命を落としそうになるのも型どおりの展開ながら、よろしい。が、謎のカルト教団が暗躍するのはいいとして、ほんまかいな、と疑いたくなるのは突飛すぎる設定だからであり、人物描写が平板だからでもある。などと突っ込まず、軽く読み流せば時間つぶしにはもってこいかもしれない。