ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Allan Silitoe の “The Loneliness of the Long Distance”

   はてなブログに切り替えてから依然、工事中。過去記事の分類で忙しい。そこで気がついたのだが、大昔アマゾンに投稿後、削除したレビューのうち、まだ本ブログでは一度もアップしていないものがあった。きょうはそれでお茶を濁しておこう。周知のとおり、Silitoe の代表作(1959)である。

 追記:その後検索したところ、2008年12月に昔の記事として公開していたことを発見しました。

[☆☆☆★★★] 短編集を読みおえたあとで目次を見返すと、これ何の話だっけ、ということがよくある。が、本書は内容を憶えているものがけっこう多く、その意味で水準を超えていると思う。表題作は余りにも有名だが、鬱屈した若者と、月並みな価値観しか持たぬ大人との対立は青春小説の定番。「怒れる若者たち」が一世を風靡した当時はさておき、現代の若い読者には、いかほどの衝撃を与えることだろう。しかしながら、ガキ大将とその手下が成人したのちに再会する最後の作品は、情感あふれる見事な仕上がりで、これは文句なしに星4つ以上。そのガキ大将の胸の内を思いやるとき、そこに静かな怒りを感じる人もいるかもしれない。 

Loneliness of the Long Distance Runner (Flamingo Modern Classic)

Loneliness of the Long Distance Runner (Flamingo Modern Classic)