ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

2018年ブッカー国際賞発表(Man Booker International Prize 2018)

 イヤな予感が当たってしまった。今年のブッカー国際賞は Olga Tokarczuk(Jennifer Croft 訳)の "Flights" に決定。(前回では、作者と訳者を勘違いしていました)。Olga はポーランドの著名な作家だそうだ。

Flights

Flights

 今年の賞レースは、同書のほか、Han Kang の "The White Book" と Ahmed Saadawi の "Frankenstein in Baghdad" の三つどもえ、というのが現地ファンのもっぱらの予想だったようだ。ぼくは外れた2作を読み、1番人気の Han Kang に関しては騒ぎすぎだと思い、"Frankenstein ..." のほうもイマイチ。そこで「"Flights" が気になる」と書いたばかりだった。
 けれども、もはや年金生活に入り、今月の本代の予算はすでに尽きている。来月のお楽しみとなりそうだ。