ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Max Porter の “Lanny”(1)

 きのうの夕方、サキの短編、実質的にはショートショート『ひらいた窓』の拙訳をアップ。それから十数ヵ所、少しずつ加筆修正している。初稿よりは、いくらかマシになったかもしれない。それでもまだ文字どおり拙訳ながら、スターを付けてくださった knana19さん、seia_youyong さん、otoufunochikara さん、どうもありがとうございます。
 本ブログで〈翻訳〉を発表したのは2回目。おととしの9月、ヴェルレーヌの「秋の歌」以来だ。あれは英訳からの重訳だった。あのときも、つれづれなるままの時間つぶし、という名のストレス発散でしたね。これからも、そんなきっかけで〈翻訳〉をアップすることがあるかもしれません。 

 さて先ほど、ようやく Max Porter の "Lanny"(2019)を読みおえた。すでに何度か紹介したとおり、イギリス現地ファンのあいだでは、今年のブッカー賞ロングリストに入選か、との呼び声が高いのだけれど、さてどうでしょうか。 

Lanny

Lanny

 

 [☆☆★★★] 核心のネタは割れないが、べつにどうということもない話である。ロンドン近郊の村に住む少年が、初老の画家に絵を教えてもらう。少年の父親は一介のサラリーマン、母親は俗悪なミステリ作家。この四人の会話や独白がつづく一方、イギリス建国当初から村に住みついているという伝説の人物が、四人のほか、いろいろな村人たちの声に耳を傾ける。やがて少年が森の中で失踪。画家に事件関与の疑いがかけられる。「時間のひだ」、「現実と非現実のはざま」に目を向け、ファンタジーのような世界を描いたマジックリアリズムの技法を高く評価する立場もあろう。文明社会と対比させた人間と自然の一体化、偏見や固定観念を超えた純粋な心のふれあいがすばらしい、とも言えるかもしれない。が、そうした技法の帰着点として、世間一般の常識をくつがえすような恐ろしい人生の現実が示されるわけではない。それどころか、原始の自然や、人的交流への素朴な賛美という月並みな結論もかいま見え、ならば超絶技巧を弄するまでもあるまいに、と鼻白んでしまう。そもそも「現実と非現実のはざま」なる領域に分け入るからには、それ相応の説得力と、その力を具現した強烈な物語性を要するはずだが、本書にそういう美点は認められない。豊かな詩的想像力の浪費に終わった凡作である。