ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

2020年ブッカー賞発表とぼくのランキング

 本日早朝(ロンドン時間19日)、ブッカー賞の受賞作が発表され、現地ファンの下馬評どおり、Douglas Stuart の "Shuggie Bain"(2020)が栄冠に輝いた。ぼくもいちおう本命に推していた作品なので、この結果に不満はない。
 受賞理由は未読だが、どのエピソードもよく書けていて面白く、その意味で無駄がない、という点で頭ひとつぬけていたように思う。脇役や端役同士の会話にしても気が利いているし、それぞれの性格がくっきり浮かびあがってくる。こうした細部への目くばりが小説としての厚みを増し、読みがいのある作品に仕上がっているわけだ。
 ただし、前回の直前予想でも述べたように、文学史にのこる名作というほどではない。主人公 Shuggie Bain 少年の特異性に発する、「そこまでやるか」という面白さが際立つものの、母親のほうはほぼ定型。ふたりの「対決」から胸を打たれるような深い感動まで得られるかどうかは疑問だ。
 本書にかぎらず、ぼくの読んだ今年の最終候補作は、いわゆる社会的弱者を扱ったものが多かったように思う。認知症患者、アル中患者、被侵略者、ゲイ、白人優位社会の黒人、女性(なんですって、女は強いのよ、と目くじらを立てないでください)。この傾向がほかの文学賞にもあるのかどうか、もしあるとして、それがなにを意味するのか、ときどき考えてみることにしよう。
 なお、"Shuggie Bain" は今年の全米図書賞の最終候補作でもあり、史上初のダブル受賞かと期待されていたが、同賞のほうは Charles Yu の "Interior Chinatown"(2020)が受賞。Douglas Stuart は現在ニューヨーク在住だが、彼の出身地とおなじく "Shuggie Bain" の舞台はグラスゴーアメリカ・ファーストという点で引っかかったのかもしれない。
 最後に、ぼくのランキング順に最終候補作を紹介しておこう。
1.Shuggie Bain(Douglas Stuart)

2.The Shadow King(Maaza Mengiste) 

3.Burnt Sugar(Avni Doshi) 

4.Real Life(Brandon Taylor) 

5.This Mournable Body(Tsitsi Dangarembga) 

(未読につき番外) 

The New Wilderness (English Edition)

The New Wilderness (English Edition)