ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Patricia Lockwood の “No One Is Talking About This”(1)

 今年の女性小説賞最終候補作、Patricia Lockwood の "No One Is Talking About This"(2021)を読了。もっか、現地イギリスのファンのあいだでは1番人気である。さっそくレビューを書いておこう。 (追記:本書は後日、今年のブッカー賞ロングリスに入選)。

No One Is Talking About This: A Novel

No One Is Talking About This: A Novel

 

[☆☆★★★] ありとあらゆる情報が飛びかうネット時代、「だれも口にしていないこと」などあるのだろうか。火を見るより明らかな話だが、本書を読めば読むほど、そう思える。二部構成のうち第一部では、一見脈絡のない断片が文字どおり洪水のように連続。それぞれの断片もまた無意味で混乱に満ちたもののようだが、やがておぼろげながらジグソーパズルの絵柄がふたつ見えてくる。まず、現代のアメリカ社会は、ポータルサイトが生みだした「独裁者」の支配する一種のディストピアである。つぎに、この「地獄」のような非現実の世界にあって人びとは、同じくポータルサイトを通じて連携し「分断」を克服、生の意味と自由を取り戻そうとしている。つまり破滅的状況ではあるが「世界はまだ終わっていない」。実際、第二部で起こる事件は、悲劇的ではあるが感動的だ。上のような断章形式だけに感傷が排され、かえって生と愛のすばらしさがストレートに伝わってくる。しかしここで冒頭の疑問に立ち返ってみよう。悲惨な現実を生きる人びとにとって「生と愛のすばらしさ」とは、はたして不問の話題なのだろうか。また上の「独裁者」がだれを指すかは明らかだが、直近二回の選挙結果から判断するかぎり、少なくとも半数近くのアメリカ国民はリベラルな考えの持ち主ではない。彼の国は、本書で描かれているような意味で、ほんとうに破滅的状況にあるのか(正確には、あったのか)。知的関心をそそる題名とは裏腹に、ほとんど知的昂奮をおぼえることのない、疑問だらけの凡作である。