ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Lydia Millet の “A Children's Bible”(1)

 Lydia Millet の "A Children's Bible"(2020)を読了。周知のとおり昨年の全米図書賞最終候補作で、ニューヨーク・タイムズ紙選年間ベスト5小説のひとつでもある。また P Prize. com の予想では、今年のピューリツァー賞「候補作」第3位にランクイン。さっそくレビューを書いておこう。 

A Children's Bible: A Novel (English Edition)

A Children's Bible: A Novel (English Edition)

 

[☆☆★★★] 大人たちが自信と気概をうしない責任を放棄したとき、いまだ成長過程にあり、完全には自治能力のない若い世代に、はたして未来はあるのだろうか。本書は、そんな実際に起こりうる破滅的状況を描いた近未来SFである。「夏休みのパラダイスが一転、地獄の日々に」という大筋で、語り手は十代の娘イヴ。タイトルどおり、失楽園や大洪水、「ヨハネの黙示録」で描かれた終末の世界など、おおむね聖書を思わせる物語が展開。イヴたち少年少女は、子どもに無関心な親たちと希薄な関係にあり、ハリケーンの襲来をきっかけに独力でサバイバルをしいられる。武装集団の登場で一気に緊張が高まるが、この集団、映画『マッドマックス』ほどには凶悪でなく、白ける。一事が万事、本書の「破滅的状況」は上の一瞬を除き、希薄な親子関係を象徴するかのように緊迫感に乏しい。いや、このテンションの低さはむしろ、親子双方に崇高な理念や強固な価値観が欠如していることによるものだ。それゆえ両者に激突はありえず、その関係も希薄たらざるをえない。結末で希望の光が見えるのはひとつの救いだが、この希望も具体性には欠ける。さような状況こそ、まさに「終末の世界」なのかもしれない。