ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Orhan Pamuk の “The Black Book”(1)

 数日前、やっと Orhan Pamuk の "The Black Book"(1990, 英訳2006)を読了。長い中断があり、読みおわってからも、すぐにはレビューを書く時間が取れなかった。はて、どんなレビューもどきになりますやら。

[☆☆☆☆★]「おれはおれでありたい。しかし、おれはだれだ」。こうしたアイデンティティの問題は、ひとつには、グレゴール・ザムザが毒虫に変身した朝からはじまった。本書の主人公、イスタンブールの弁護士ガーリップもある日突然、妻のリュヤーが家出し、いとこの新聞記者ジェラールも同時に失踪して以来、この現代文学でおなじみの問題に直面することとなる。ガーリップはふたりの居所の手がかりをつかむべく、ジェラールの残した膨大な量のコラムを読みかえすが、どのコラムも同工異曲。アイデンティティはたえず変化し、自分が自分であることはむずかしい。しかしながら「自分自身であるか否か」こそ「人生で最たる問題」なのだ。要はそんな主旋律の変奏曲がつぎつぎに奏でられ、いちおうミステリ仕立ての物語こそあるものの、直線的な展開は皆無。というより物語性は度外視され、ガーリップの回想ともども、アイデンティティの変容と確立をいかに表現するか、その一点に絞って無数とも思えるエピソードが積み重ねられていく。それはカフカ同様、人間一般の実存の不安を指すものともいえようが、むしろ都市と国家の特殊性の証左というべきかもしれない。新旧東西、異文化の交差する街イスタンブール。本書の劇中劇にあるとおり、第一次大戦後のオスマン帝国解体以来、混沌につぐ混沌に満ちたトルコ。「アイデンティティを保持しなければ、都市も国家も民族も消滅する」。こうした彼の街、彼の国ならではの実存の不安こそ、じつは本書の真の主旋律なのではあるまいか。オルハン・パムクはまさしく栄冠にふさわしい国民作家なのである。