ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

ドイツおよび中欧文学

Günter Grass の "Crabwalk"

帰省中は親の見舞いや家事手伝い、旧友との再会、ドライブなど、けっこうやることが多かったが、それでも三日に一冊のペースで本を読んでいた。「文学の冬」の続きで、ドイツ文学からはギュンター・グラスを選んでみた。Crabwalk作者:Grass, GuenterFaber & …

Thomas Mann の "Doctor Faustus"

相変わらず「自宅残業」の毎日なので、今日も昔のレビューをだしに日記を書くことにした。Doctor Faustus: The Life of the German Composer Adrian Leverkuhn as Told by a Friend (Vintage International)作者: Thomas Mann,John E. Woods出版社/メーカー:…