ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

ヒューマン・ドラマ

大河小説やファミリー・サーガ、ハートウォーミング(ブレーキング)な作品などを扱っています

Lisa Halliday の “Asymmetry”(1)

Lisa Halliday の "Asymmetry"(2018)を読了。周知のとおり、これは昨年のニューヨーク・タイムズ紙選ベスト5小説のひとつである。巻末の紹介によると、Lisa Halliday はマサチューセッツ州出身でミラノ在住の若手作家。本書は彼女の処女作とのこと。さっ…

Amos Oz の “A Tale of Love and Darkness”(1)

イスラエルの作家 Amos Oz の自伝小説 "A Tale of Love and Darkness"(2002)を読了。原書はヘブライ語で、英訳の刊行は2004年。Wiki ではノンフィクション・ノヴェルに分類されている。さっそくレビューを書いておこう。A Tale of Love and Darkness作者: …

Ingrid Hill の “Ursula, Under”(1)

ゆうべ、Ingrid Hill の "Ursula, Under"(2004)を読了。一般にはあまり知られていない作品かもしれない。いま検索すると、Washington Post 紙の2004年ベスト小説のひとつに選ばれていたようだ。さっそくレビューを書いておこう。Ursula Under作者: Ingrid …

Elizabeth Strout の “Anything Is Possible”(1)

きょうは Arundhati Roy の "The Ministry of Utmost Happiness" について駄文の続きを、と思っていたが、意外に早く、Elizabeth Strout の最新作、"Anything Is Possible" を読了。印象の薄れないうちにレビューを書いておこう。Anything is Possible作者: …

Yann Martel の “The High Mountains of Portugal” (1)

Yann Martel の最新作、"The High Mountains of Portugyal" を読了。あちらのファンのあいだでは、今年のブッカー賞の有資格候補作と目されている。ペイパーバック版は日本では未発売だが、アマゾン・カナダで買うと、送料込みでも日本で売られているハード…

Barbara Kingsolver の “The Poisonwood Bible” (1)

A. S. Byatt の "Possession" のあら探しをしているうちに、数多くの美点について書く時間がなくなってしまった。が、いちおうレビューで意は尽くしていると思う。あれ以上書いても、屋上屋を架すことになろう。 話変わって、Barbara Kingsolver の "The Poi…

Khaled Hosseini の “And the Mountains Echoed” (1)

当初の予定より大幅に遅れてしまったが、ゆうべ、Khaled Hosseini の新作 "And the Mountains Echoed" をなんとか読了。さっそくレビューを書いておこう。And the Mountains Echoed作者:Hosseini, KhaledBloomsbury Publishing PLCAmazonAnd the Mountains E…

Jim Lynch の “Truth Like the Sun” (1)

Jim Lynch の "Truth Like the Sun" を読了。ニューヨーク・タイムズ紙の書評家、Janet Maslin が選んだ昨年の10 favorite books の一冊である。さっそくレビューを書いておこう。Truth Like the Sun作者: Jim Lynch出版社/メーカー: Bloomsbury Publishing …

Jess Walter の “Beautiful Ruins” (1)

パブリシャーズ・ウィークリー誌が選んだ昨年の最優秀作品のひとつ、Jess Walter の "Beautiful Ruins" を読了。さっそくレビューを書いておこう。Beautiful Ruins: A Novel (P.S.)作者: Jess Walter出版社/メーカー: Harper Perennial発売日: 2013/04/02メ…

Lauren Groff の “Arcadia” (1)

Lauren Groff の "Arcadia" を読了。ニューヨーク・タイムズ紙の書評家、Janet Maslin が選んだ去年の 10 Favorite Books の一冊である。さっそくレビューを書いておこう。Arcadia作者: Lauren Groff出版社/メーカー: Voice発売日: 2012/10/02メディア: ペー…

2012年コスタ賞発表 / Ayana Mathis の “The Twelve Ttibes of Hattie” (1)

2012年のコスタ賞最優秀作品賞は、Hilary Mantel の "Bring up the Bodies" に決定。'So it's Hilary Mantel, again.' と、あちらの読者がコメントを寄せていた。ブッカー賞とあわせてめでたく二冠達成だが、カナダのブロガー Kevin など釈然としない思いだ…

Tessa Hadley の “Married Love and Other Stories” (1)

Tessa Hadley の短編集 "Married Love and Other Stories" を読了。米アマゾンが選んだ今月の優秀作品のひとつである。さっそくレビューを書いておこう。Married Love: And Other Stories (P. S.)作者: Tessa Hadley出版社/メーカー: Harper Perennial発売日…

Colm Toibin の “The Testament of Mary” (1)

きのう家に帰ったあと、Colm Toibin の最新作 "The Testament of Mary" を読みおえたが、レビューを書く時間は取れなかった。きょうも仕事でグッタリしているが、印象が薄れないうちにレビューを書いておこう。The Testament of Mary作者: COLM TOIBIN出版社…

Isabel Wolff の “A Vintage Affair” (1)

Isabel Wolff の "A Vintage Affair" を読了。さっそくレビューを書いておこう。A Vintage Affair: A Page-Turning Romance Full of Mystery and Secrets from the Bestselling Author作者: Isabel Wolff出版社/メーカー: HarperCollins Publishers Ltd発売…

Penelope Lively の “How It All Began” (1)

Penelope Lively の最新作、"How It All Began" を読了。さっそくレビューを書いておこう。How It All Began作者: Penelope Lively出版社/メーカー: Penguin発売日: 2012/05/03メディア: ペーパーバック クリック: 5回この商品を含むブログを見る[☆☆☆★★] ペ…

Eleanor Brown の “The Weird Sisters” (1)

諸般の事情ですっかりブログをサボってしまったが、ようやく Eleanor Brown の "The Weird Sisters" を読みおえた。もっか、ニューヨーク・タイムズ紙の Trade Paperback 部門ベストセラー第19位である。さっそくレビューを書いておこう。Weird Sisters作者:…

Chris Fabry の “Almost Heaven” (1)

昨日がぼくには連休初日。といっても、買い物や家の前の掃除(道路をはさんで公園があり、桜が美しいのはいいのだが、散ったあとが大変)に追われ、本書を読みおえたのは夜半になってからだった。去年のキリスト教図書賞最優秀小説賞 (Christian Book Award…

Arthur Phillips の “The Tragedy of Arthur” (1)

Arthur Phillips の "The Tragedy of Arthur" をやっと読みおえた。ただし、巻末に収録されているシェイクスピアの(?)戯曲、"The Tragedy of Arthur" は拾い読みした程度なので、以下のレビューはもっぱら、その「序文」を対象としたものである。The Trag…

Barry Unsworth の “The Quality of Mercy” (1)

Barry Unsworth の最新長編、"The Quality of Mercy" を読みおえた。さっそくいつものようにレビューを書いておこう。The Quality of Mercy作者: Barry Unsworth出版社/メーカー: Hutchinson発売日: 2011/09/01メディア: ペーパーバック クリック: 1回この商…

Siri Hustvedt の “The Summer without Men” (1)

Siri Hustvedt の "The Summer without Men" を読了。アマゾンUKが選んだ今年のベスト小説のひとつである。さっそくレビューを書いておこう。The Summer Without Men作者: Siri Hustvedt出版社/メーカー: Picador USA発売日: 2011/04/26メディア: ペーパーバ…

Helen Simonson の “Major Pettigrew's Last Stand” (1)

超多忙につき、予定より大幅に遅れてしまったが、何とか Helen Simonson の "Major Pettigrew's Last Stand" を読みおえた。さっそくいつものようにレビューを書いておこう。Major Pettigrew's Last Stand: A Novel (Random House Reader's Circle)作者: Hel…

Anne Enright の “The Forgotten Waltz” (1)

Anne Enright の最新作、"The Forgotten Waltz" を読みおえた。さっそくレビューを書いておこう。The Forgotten Waltz作者: Anne Enright出版社/メーカー: Jonathan Cape Ltd発売日: 2011/04/28メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る[☆…

Sarah Winman の “When God Was a Rabbit”(1)

もっかイギリスでベストセラーになっている(アマゾンUKフィクション部門24位)、Sarah Winman の "When God Was a Rabbit" を読みおえた。さっそくいつものようにレビューを書いておこう。When God Was a Rabbit作者: Sarah Winman出版社/メーカー: Headlin…

Winifred Holtby の “South Riding”(1)

今年の2、3月ごろイギリスでベストセラーだった Winifred Holtby の遺作、"South Riding" (1936) をようやく読了。さっそくレビューを書いておこう。South Riding作者: Winifred Holtby出版社/メーカー: BBC Books発売日: 2011/06/06メディア: ペーパーバ…

Karl Marlantes の “Matterhorn”(1)

昨年のタイム誌年間ベスト10に選ばれるなど、アメリカで大評判になった Karl Marlantes の "Matterhorn" をようやく読了。さっそくいつものようにレビューを書いておこう。(点数評価は後日)。Matterhorn: A Novel of the Vietnam War作者: Karl Marlantes出…

Cynthia Ozick の “The Shawl”(1)

Cynthia Ozick の旧作短編集 "The Shawl" を読みおえた。例によってまずレビューを書いておこう。The Shawl (Vintage International)作者:Ozick, Cynthia発売日: 1990/08/29メディア: ペーパーバック[☆☆☆★★] 第二次大戦中におけるユダヤ人の迫害を主題とする…

Tom Rachman の “The Imperfectionists”(1)

去年の話題作のひとつ、Tom Rachman の "The Imperfectionists" を読みおえた。さっそくレビューを書いておこう。The Imperfectionists: A Novel (Random House Reader's Circle)作者: Tom Rachman出版社/メーカー: Dial Press Trade Paperback発売日: 2011/…

Maile Meloy の “Both Ways Is the Only Way I Want It”(1)

先週の土曜も仕事帰りに映画館へ。お目当ては「最後の忠臣蔵」で、公開初日に映画を見に行ったのは何十年ぶりだろう。「武士の家計簿」と同じく、かなり満足できた。が、楽あれば苦あり。おかげで昨日は「自宅残業」に追われ、今日になってやっと Maile Melo…

Robin Pilcher の “Matter of Trust”(1)

忙中閑あり、「武士の家計簿」を見に行った。「日本映画は見ないのか」という友人のひと言がきっかけだが、映画館に足を運ぶのは8月以来。十分満足できる出来ばえで、いい映画を見たあとは気持ちがシャキっとする。おかげで Robin Pilcher の "A Matter of …

Tracy Chevalier の “Remarkable Creatures”(1)

今日は職場の忘年会だったが、その行き帰りに Tracy Chevalier の "Remarkable Creatures" を読みおえた。先週までしばらく、ニューヨーク・タイムズ紙の Trade Paperback 部門ベストセラー・リストに載っていた話題作である。また同リストに復活することも…