ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Peter Handke の “A Sorrow Beyond Dreams”(2)

遅ればせながら、今年の全米批評家協会賞(対象は去年の作品)の最終候補作をチェックしたところ驚いた。なんと Mieko Kawakami の "All the Lovers in the Night" がノミネート! 原作は2014年刊だが、どうやら昨年英訳が刊行されたものらしい。周回遅れの…

Heinrich Böll の “The Lost Honor of Katharina Blum”(2)

ゆうべ、一杯やりながらピエトロ・ジェルミ監督の『刑事』(1959)を観たあと、Wiki で調べて驚いた。Carlo Emilio Gadda の "That Awful Mess on Via Merulana"(1957)が原作とはちっとも知らなかった。いまさらながら、恐ろしい無知ですな。でもきっと、…

天沢退二郎の『まわりみち』

けさの新聞で天沢退二郎氏の訃報を知った(以下、敬称略)。 天沢退二郎は、肩書きとしては「フランス文学者・詩人」ということだが、寡聞にして学者としての業績は知らない。が、アラン=フルニエ作『グラン・モーヌ』の訳者ということだけは知っている。原…

Omar El Akkad の “What Strange Paradise”(2)

Elizabeth Taylor(1912 - 1975)の "Angel"(1957)を読んでいる。と聞いて、え、あの大女優が小説も書いていたのか、と驚くひとも多いかもしれないが、じつはこの Elizabeth Taylor、れっきとしたイギリスの女流作家。 ぼくも昔は知らなかった。いつだった…

Peter Handke の “A Sorrow Beyond Dreams”(1)

オーストリアのノーベル賞作家 Peter Handke(1942 - )の "A Sorrow Beyond Dreams"(1972, 英訳1974)を読了。1971年に自殺した Handke の母 Maria の思い出が綴られた作品である。さっそくレビューを書いておこう。 [☆☆☆★★] 肉親の死について語るのは気が…

Heinrich Böll の “The Lost Honor of Katharina Blum”(1)

先週ジブリパークへの旅行の行き帰り、新幹線のなかで読みはじめたドイツのノーベル賞作家、Heinrich Böll(1917 - 1985)の "The Lost Honor of Katharina Blum"(1974, 英訳1975)を数日前読了。諸般の事情で、レビューをでっち上げるのがきょうまでズレこ…

Nikos Kazantzakis の “Zorba the Greek”(2)

先週、話題のジブリパークに行ってきた。いまは先着申込み順になっているらしいけど、昨年11月だったか、家人が応募したときは抽選。「ジブリの大倉庫」と「青春の丘」を引きあてた。超ラッキー、と知人たちにうらやましがられたものだ。 ぼくはジブリ大ファ…

Omar El Akkad の “What Strange Paradise”(1)

年が明けても長らく冬眠中だったが、きのうやっと、2021年のギラー賞(the Scotiabank Giller Prize)受賞作、Omal El Akkad の "What Strange Paradise"(2021)を読了。同賞は日本の読者にはなじみが薄いようだが、カナダでは最も権威のある文学賞である。…

2022年ぼくのベスト小説

前回の記事をアップしたあと最寄り駅近くのジムに出かけたら、玄関先に大きな門松が飾ってあった。とうに古稀をすぎたぼくには、門松や冥途の旅の一里塚というわけだが、きょうは大みそか。大みそか冥途の旅の道連れ本となるかどうかはさておき、毎年恒例の…

Nikos Kazantzakis の “Zorba the Greek”(1)

数日前、ギリシャの作家 Nikos Kazantzakis(1883 – 1957) の "Zorba the Greek"(1946, 英訳1952)をやっと読了。が、家内外の清掃その他、なにかと雑用に追われ、レビューをでっち上げる時間がなかなか取れなかった。 本書はギリシャの映画監督マイケル・…

Helga Ruebsamen の “The Song and the Truth”(2)と、ヴェトナム戦争小説選

寝しなに読んでいる『ライオンのおやつ』がとてもいい。エピソード単位で途切れ途切れに進んでいるのだけど、いまのところ毎晩、しあわせな気分で眠りに落ちることができる。 それが就眠儀式としての読書のポイントで、デスク橫の〈気になる積ん読本〉コーナ…

Isabel Allende の “The House of the Spirits”(3)

ようやく体調がもどってきた。昔から風邪は長引くほうなのだけど、コロナかコロナでないのか、こんどの風邪もなかなか治らなかった。のどの痛みにはじまり、粘液状の鼻水が止まらず、軽い熱もずっと持続。ぼくは平熱が低いので、ちょっと熱が出ただけですぐ…

Isabel Allende の “The House of the Spirits”(2)

先週末から今週頭まで、所用で愛媛の田舎に帰省していた。紅葉狩りも期待していたのだけど、うっかりデジカメを忘れてしまい、使い馴れていないケータイでなんとか撮影。(写真は宇和島市和霊公園) と、そこまではよかったのだが、帰宅して二日後、のどに違…

Helga Ruebsamen の “The Song and the Truth”(1)

オランダの作家 Helga Ruebsamen(1934 – 2016)の "The Song and the Truth"(1997, 英訳2000)を読了。Ruebsamen はジャカルタで生まれ、ジャワ島で幼児期を過ごしたのち、1939年、家族とともにオランダへ移住。この経歴からして本書は、彼女の実体験をフ…

Tess Gunty の “The Rabbit Hutch”(2)

少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。今年の全米図書賞の発表前、ひさしぶりに最終候補作をあらかじめ読んでおこうと、The Mookse and the Gripes の関連スレッドをながめていたら、表題作を高く買っているコメントが目にとまった。当たるも八卦当た…

2022年全米図書賞発表

本日、全米図書賞の発表があり、小説部門で Tess Gunty の "The Rabbit Hutch"(2022)が栄冠に輝いた。あちらのファンの情報をもとに、たった1冊だけ読んでいた最終候補作が受賞とあって、なんだか、ひとのフンドシで相撲を取ったような気分だけど、とりあ…

Isabel Allende の “The House of the Spirits”(1)

きのう、チリの著名な作家 Isabel Allende(1942 – )の処女作 "The House of the Spirits"(1982, 英訳1985)を読了。途中、諸般の事情で長らく中断していたので、じゅうぶんに理解できたかどうか怪しいものだが、なんとかレビューをでっち上げてみよう。 […

NoViolet Bulawayo  の “Glory”(4)

案の定、5回目のコロナワクチン接種の副反応がひどかった。当日の夕刻から、さむけと疼痛がはじまり、夜中の2時には8度6分の発熱。平熱に戻ったのは接種後3日目のきのうだった。いまもまだ、ちょっとボンヤリしている。なにも読む気がしないので、リハ…

NoViolet Bulawayo の “Glory”(3)

ほぼ1ヵ月ぶりに Isabel Allende の "The House of the Spirits"(1982)を読んでいる。メモを見て粗筋や人物関係を思い出すのに手間どったけど、やっとまた作品の世界になじんできたところ。 しかし明日は、5回目のコロナワクチン接種を受ける予定。こん…

Tess Gunty の “The Rabbit Hutch”(1)

今年の全米図書賞最終候補作、Tess Gunty の "The Rabbit Hutch"(2022)を読了。Tess Gunty はロス在住の新人女流作家で、デビュー作の本書は今年創設された Waterstones Debut Fiction Prize を受賞。さっそくレビューを書いておこう。 [☆☆☆★★] インディア…

NoViolet Bulawayo の “Glory”(2)

この作家、初耳かと思ったら、過去記事を検索したところ、2013年のブッカー賞最終候補作 "We Need New Names"(2013 ☆☆☆★★)の作者だった。 拙文を読んで、なんとなく思い出した。いい作品だった。これは Bulawayo(1981– )のデビュー作で、彼女はジンバブ…

Shehan Karunatilaka の “The Seven Moons of Maali Almeida”(5)

表題作と "Treacle Walker" の比較をつづけよう。前回(4)では、そこにカオスがあるだけという小説よりも、カオスをなんとか収拾しようとする動きのあるほうを高く評価すべきだと述べた。 収拾だけでなく、カオスからの脱出の試みもあればさらにいい。煩悶…

Shehan Karunatilaka の “The Seven Moons of Maali Almeida”(4)

いつかも紹介した話だが、今年のブッカー賞のロングリストが発表される前、現地ファンのあいだでは、ディストピアを扱った候補作がどれくらい選ばれるだろうか、ということも話題のひとつになっていた。おそらく、ロシアによるウクライナ侵攻が背景にあった…

Shehan Karunatilaka の “The Seven Moons of Maali Almeida”(3)

この一週間、活字からほとんど離れていた。寝しなに『かがみの孤城』を読んでいたくらい。(一ヵ月以上もかかって、やっと文庫本上巻の半分まで到達。これから面白くなるのかもしれないけれど、相変わらず、つまらない)。 ひと息いれたわけは、ブッカー賞の…

2022年ブッカー賞発表とぼくのランキング

今年のブッカー賞は、スリランカの作家 Shehan Karunatilaka の "The Seven Moons of Maali Almeida"(2022)が受賞。本来なら「受賞!」と書くところだが、ふたつの理由で感嘆符はカットした。 まず、前回の記事で発表した予想どおりだったこと。予想の根拠…

NoViolet Bulawayo の “Glory”(1)と、今年のブッカー賞予想

今年のブッカー賞最終候補作、NoViolet Bulawayo の "Glory"(2022)を読了。Bulawayo(1981– )はジンバブエの作家で、本書は彼女の第2作。デビュー作 "We Need New Names"(2013 ☆☆☆★★)も刊行年にブッカー賞最終候補作に選ばれている。さっそくレビュー…

Shehan Karunatilaka の “The Seven Moons of Maali Almeida”(2)

Shehan Karunatilaka? 聞いたことのない作家だなと思いながら Wiki をチラ見。一瞬おいて、あ、と叫んだ。なんだ、"Chinaman"(2011)の作者だったのか。同書なら、いまはなき英連邦作品賞(Commonwealth Book Prize)の2012年受賞作ということで、デスク横…

Elizabeth Strout の “Oh William!”(2)と既読作品一覧

novel を「小説」と訳したのは坪内逍遥らしいが、"Moby-Dick" や "War and Peace" など質量ともに雄大な novel を小説と呼ぶのは、よく考えると、おかしい。さりとて、いまやほかに呼びようもなく、習慣的にそう分類している。 一方、なるほど「小説」とは言…

Shehan Karunatilaka の “The Seven Moons of Maali Almeida”(1)

今年のブッカー賞最終候補作、Shehan Karunatilaka の "The Seven Moons of Maali Almeida" (2022)を読了。Karunatilaka(1975– )はスリランカの作家で、2012年の Commonwealth Book Prize 受賞作 "Chinaman"(2011)でデビュー(未読)。ハードカバー裏…

Percival Everett の “The Trees”(2)

いま現地ファンの下馬評をチェックすると、今年のブッカー賞レースで先頭争いを演じているのは相変わらず、表題作と "Small Things Like These"(☆☆☆★★★)、"The Seven Moons of Maali Almeida"。3番めはまだ読んでいる途中だが優勝をうかがう勢いだ。なか…