ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Yuri Hererra の “Signs Preceding the End of the World”(1)

 きのう、メキシコの作家、Yuri Hererra の "Signs Preceding the End of the World"(2009)を英訳版で読了。2016年の Best Translated Book Award(最優秀翻訳作品賞)受賞作である。

Signs Preceding the End of the World

Signs Preceding the End of the World

[☆☆☆★★] 現代人はどこへ向かい、何をしようとしているのか。その行く先に未来はあるのか。待っているのはこの世の終わりか。ありふれた問いだ。が、この現代人の運命と実存にかんする問いを文学的に表現することは至難の業かもしれない。波瀾万丈の大長編か、啓示と予感に満ちた詩か、それとも、象徴的な事件をいくつか盛り込んだ中短編か。深読みかもしれないが、本書はその第三のアプローチを試みたノヴェラのように思える。主人公は、アメリカとの国境近くに住むメキシコ人の若い女。国境を越えたまま音信不通となった兄の行方を追って、自分もまた彼の地へ向かう。暴力と混沌、不条理の支配する世界は明らかに現実そのものではなく、マジックリアリズムの世界を思わせるシュールな現実である。けれども一方、それはまた、夢とも現実ともつかぬシュールさゆえに、現代の荒廃と混乱を端的に象徴した現実でもある。ありふれた問いのありふれた提示の仕方だが、その答えは小気味よい。いかなる運命が待ち受けていようとも、たとえ世界が終わりを迎えようとも、つねに勇気と才覚、強い意志をもって生きる。若い女のタフネスぶりこそ、現代人のあるべき姿を示したものである。