ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Bernardine Evaristo の “Girl, Woman, Other”(1)

 ゆうべ今年のブッカー賞最終候補作、Bernardine Evaristo の "Girl, Woman, Other"(2019)を読了。現地ファンのあいだでは、ショートリストの発表時からずっと1番人気。ひょっとすると、このままゴールインするかもしれない勢いだ。さっそくレビューを書いておこう。 

Girl, Woman, Other: A Novel (English Edition)

Girl, Woman, Other: A Novel (English Edition)

 

 [☆☆☆★★★] ロンドンの国立劇場で、レズビアンのアマゾネスを描いた演劇が上演。脚本監督は黒人女性アーマ。そんなセンセーショナルな場面で始まる本書は当初、過激なフェミニズムLGBT擁護、反レイシズムといった政治路線を走るのかと思わせる。がその後、アーマとかかわりのある多数の娘、女、ほかにも男たちが次々に登場。もっぱら女性の立場でフェミニズムやレズ、性転換の問題について議論百出。批判的な人物でも説得力のある意見を述べるなど、バランスのとれた柔軟な思考が読み取れる作品となっている。黒人系移民の問題についても、20世紀初頭から21世紀の現代にいたるまで差別と偏見の歴史を検証しつつ、黒人自身、白人社会に順応、時には迎合さえしようとする一面もあったことを指摘。これは、反体制派の中にも体制志向がある点への目配りと軌を一にしている。が、こうした政治問題や社会問題は、本書においては基本的に主役たちが自己を実現し、他者と結びつくうえで障害となり、契機ともなるものだ。困難な状況であればあるほど、人は傷つきながらも自分のあるべき姿を模索し、他人への、他人からの愛情や友情を確認しようとする。つまり本書の眼目はアイデンティティと人間愛の追求にあり、そのテーマにぴったりの題材が黒人系移民であり、女性であり、LGBTであるということなのだ。数多くの人物を登場させることで、ある一人の内面を掘り下げると同時に、他人から見た当人の人物像も提示され、極端な立場も「バランスのとれた柔軟な思考」で中和される。時にコミカルで滋味豊かなユーモアにあふれ、リフレインを多用、リズミカルで生き生きとした女性群像の描写は特筆ものである。「男よりはるかに複雑」な生き物である女にとって人生ははるかに複雑。〈女もつらいよ〉と嘆きつつ、「草の根行動主義」により、女性が真の人間としての地位を確立しようとする姿から、EU離脱移民問題などで揺れる今日の〈病めるイギリス〉も同時に浮かび上がってくる。女もすごいよ、と脱帽したくなる力作である。