ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Elif Shafak の “10 Minutes, 38 Seconds in This Strange World”(1)

 ゆうべ、今年のブッカー賞最終候補作、Elif Shafak の "10 Minutes, 38 Seconds in This Strange World"(2019)を読了。さっそくレビューを書いておこう。 

10 Minutes 38 Seconds in this Strange World

10 Minutes 38 Seconds in this Strange World

 

[☆☆☆★] 人間の脳は、心臓が停止したあと10分38秒間も活動を続けた例があるという。この生から死にいたる過程で人は何を思うのか。イスタンブールで何者かに殺害された売春婦ライラの脳裏には、幼いころからの思い出が走馬燈のように浮かんでくる。生みの母を実母とも知らず、叔父から性的暴力を受けるなど不幸の連続だった家庭生活。苦界に身を沈めたのち、左翼活動家の学生と暮らした幸せなひととき。一緒にデモに参加して警官隊に追われる場面に迫力がある。中盤をすぎたところで前面に出てくるのが、ライラの四人の友人たち。無縁墓地に埋葬された彼女の遺体を掘り出し、ボスポラス橋から海へ投下して水葬に付すまでコミカルなドタバタ劇が楽しい。左右両派が激突し、宗教的・伝統的な価値観と合理的・現代的な価値観が対立する「分裂病の街」、大昔から何ひとつ固定したものがない「液状の街」イスタンブールにあって、「水は血よりも濃し」。家族のつながりよりも友情のほうが心に染みわたる、というのが全篇のテーマだが、それほど胸に響くものはない。読み物としては面白い、という程度の水準作である。