ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

“Fifteen Dogs” と “Spill Simmer Falter Wither”

 きょうの午後、うちの愛犬が死んだ。6月末に突然けいれんを起こしたあと、ずっと半身不随。人間でいえば90歳くらいの老犬だった。「お手!」と声をかけたのが最期だった。
 たまたまこの3ヵ月ほどのあいだに、犬が登場する小説を2冊読んだばかり。これも何かの巡り合わせだったのか。以下、レビューを再録しておこう。

Fifteen Dogs

Fifteen Dogs

[☆☆☆★] アポロ神とヘルメス神がトロントバー人間性について話し合い、人間の知性を有した動物が幸福になるかどうか賭けをする。市内の15匹の犬でさっそく実験開始。犬たちは人間の言葉でやりとりするようになる。着想はおもしろい。犬らしく生きる道を選ぶ守旧派と、変化した現実を受け容れる新思考派に分裂。やがて殺戮が始まるところは、人間だけが正義のために敵を殺す、という動物との違いを端的に示して秀逸である。厳しい階級序列とそれに対する反発しかり。帰らぬ主人を本能で待つのか、正しい行為だから待つのかと考えながら5年も待ち続ける犬の話は泣ける。授かった知性を私利私欲のみに活用する犬や、詩作に興じて守旧派に嫌われる犬の登場もいい。結局、人間の知性は幸福をもたらすものとはかぎらない。当然の帰結であり、残念ながら人間性にかんする目新しい指摘はどこにもない。上の殺戮は背筋の凍るような話になったはずだが迫力不足。しかもその後、前半ほどの盛り上がりもない。知性が危険な道具となりうる点をもっと掘り下げるべきだったのではないか。
Spill Simmer Falter Wither

Spill Simmer Falter Wither

[☆☆☆★★] 途中で気がついたのだが、タイトルは四季のもじり。初老の男と犬の出会いから別れまでの一年間を記録したものだ。人間とペットの交流物語というと一定の図式を連想するが、本書は感傷を適度に抑制。テンポのいい実況中継風の文体で男の目から日常の出来事や風景を描き、そこにさりげなく犬を登場させる。身体の不自由な独身男は変人扱いされ、他人との接触を極力避けている。犬も片目で醜い顔。似たもの同士の飼い主と犬で、男は次第に犬に愛着を覚える。この流れと交差するのが男の少年時代からの回想で、母親の記憶はなく、父親から愛情をそそがれた憶えもないという孤独な人生が浮かび上がる。そこにも犬とのふれあいが重なり、時間と場面の転換が鮮やかだ。男が犬ともども車上生活を始める夏以降はロードノヴェルで、心の彷徨の旅でもある。人目を避け、社会から逃れつづける男の過去と現在の中で、活発に動きまわる犬。対照的に行間から伝わってくる静かな深い悲しみ。ペットとの交流の定型を破った佳作である。