ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Kurt Palka の “The Piano Maker”(1)

 ゆうべ本書についてふれたあと、なんとか頑張って読みおえた。Kurt Palka はカナダではわりと人気作家のようである。中身を忘れないうちにレビューを書いておこう。

The Piano Maker

The Piano Maker

[☆☆☆★★] 1930年代、古き佳き時代のなごりをとどめるカナダ、ノヴァ・スコシア州の小さな町の教会に専属のピアニストとして招かれたエレーヌ。大いに仕事ぶりを評価されるものの、内心深く傷ついている彼女はやがて、フランスのピアノメーカーの家に生まれた第一次大戦前から現在にいたる回想を始める。と、そこへ忌まわしい過去が襲いかかり、昔の事件の渦中にふたたび巻き込まれる。当初はゆるやかなテンポだが、エレーヌの秘めた謎といじらしい姿に惹かれて読み進むうち、過去と現在が交錯するなか、事件の概要が見えてきたところで一気に加速。終盤は、雪の原野を犬ぞりで進む冒険物語と、被告エレーヌをめぐって弁護側と検察側が火花を散らすリーガル・サスペンスとなる。設定に甘さがあり、絶体絶命の窮地と大どんでん返しという点では物足りないが、エレーヌに手を差し伸べる善良な人たちの善意はどこまでもハートウォーミング。一服の清涼剤となること間違いなしの佳作である。