ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Isabel Wolff の “A Vintage Affair” (1)

 Isabel Wolff の "A Vintage Affair" を読了。さっそくレビューを書いておこう。

A Vintage Affair: A Page-Turning Romance Full of Mystery and Secrets from the Bestselling Author

A Vintage Affair: A Page-Turning Romance Full of Mystery and Secrets from the Bestselling Author

[☆☆☆☆] これは読みはじめたときから、そしてなかんずく読後、いっとき幸せな気分にひたれる、人生がちょっぴり楽しく思えてくる「元気が出る小説」だ。人生には取り返しのつかぬ失敗や誤解、消しがたい後悔や自責の念がつきもの。それらとどう向き合い、いかに生きるべきかヒントがつかめるかもしれない。主人公の女性フィービは、ロンドン市内で年代物の高級衣料品専門のリサイクル・ショップを開店したばかり。客や競売相手、取材に訪れた新聞記者などとの会話がとても活発で軽妙洒脱、その語り口に思わず引きこまれてしまう。やがてフィービは死期の迫った客の老婦人と出会い、ホロコーストにかかわる悲痛な体験を聞かされ、そこに自分自身の深い心の傷を重ねるうちに…。楽しいラブコメディーと深刻な悲劇とのコントラストが鮮やかで物語に変化をもたらし、ほかにも親子がらみの緊迫した対決シーンなど随所に山場があり、その緩急自在の配合がじつにすばらしい。おもな登場人物がフィービの取り扱うブランド服をきっかけに何らかの意味で幸福になる。いささか出来すぎの感はあるものの、このハートウォーミングな世界を楽しまずしてなんの人生ぞや。英語はむずかしめのイディオム表現も散見されるが、とにかくテンポがよく読みやすい。