ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Jim Crace の “Harvest” (1)

 Jim Crace の "Harvest" を読了。今年2月にアマゾンUKが選んだ月間優秀作品のひとつで、最近はブッカー賞ロングリストへのノミネートも取り沙汰されている。さっそくレビューを書いておこう。
 追記:その後、本書はブッカー賞ショートリストに入選。また2015年には、国際IMPACダブリン文学賞を受賞しました。

Harvest

Harvest

Harvest: A Novel

Harvest: A Novel

[☆☆☆★★] 舞台はイギリスの片田舎。まだ荘園領主が村を治めていた時代、不心得者が領主の館で失火騒ぎを起こし、それきっかけに悲劇がはじまる。深読みかもしれないが、これは現代社会に警鐘を鳴らす寓話小説として解釈することが可能である。どんなに平和で繁栄した社会でも、不都合な真実を隠蔽するうちに混乱が生じ、最悪の場合には社会全体が崩壊してしまう。その過程にはさまざまな負の連鎖がある。真実の隠蔽はもちろん、縄張り意識と差別、大衆への迎合、集団ヒステリー、魔女狩りユートピアの欺瞞、権力者の恣意と優柔不断、権力の空白がもたらす無秩序、正義感に駆られた人間のふるう暴力。当初はのどかな田園風景にふさわしいゆるやかな展開で、しかも上記の要素が複雑にからまり、なかなか話の方向が見えないが、やがて事件が次第にエスカレート。気がついたときには、主人公ともども社会の崩壊を目のあたりにすることになる。それはいわば複合現象であり、どれかひとつが決定的な要因とは言いがたい。そのぶん焦点がぼやけ、インパクトに欠ける憾みがあるが、こうした負の連鎖こそ、じつはすこぶる現代的な崩壊過程なのかもしれない。英語は重厚かつ緻密な文体で、時代を反映した古風な表現に特色があり、語彙的にもややむずかしい。