ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

J. M. Coetzee の “The Schooldays of Jesus” (1)

 今年のブッカー賞候補作、J. M. Coetzee の "The Schooldays of Jesus" を読了。さっそくレビューを書いておこう。

The Schooldays of Jesus

The Schooldays of Jesus

[☆☆☆★★] 前作 "The Childhood of Jesus" から一歩前進。が、イエスの少年時代をモチーフにした物語にしては、相変わらず心に響いてくるものがない。倫理や道徳に関する問題への突っ込みが甘いからだ。少年ダビドはダンス学校に入学。そこで「魂の修練」を受け、宇宙の根本原理を象徴するかのような踊りをマスターする。が、いわば天上の世界にいるダビドの立場が、世俗的な価値観・教育観の持ち主である父親代わりのシモンにはなかなか理解できない。このあたり、イエスと律法学者の対立が下地にあるのかもしれない。それは後半に起きた異常な殺人事件にも当てはまりそうだ。シモンもふくめ世人には動機不明だが、犯人と親しかったダビドのみが理解を示す。天界の踊りが説明不可能であるように、神が超論理的な信仰の対象であるように、神の定めた善悪もまた、地上の論理では説明できない。けれどもダビドは生来、直感的に善と真理を洞察する力を持った例外者なのだ、というわけである。こうした天上と地上、聖と俗を対比させるような物語を巧みに作り上げている点では一歩前進。しかしひるがえって、殺人とはすこぶる道徳的な問題である。それが凡人には理解不能というのでは、あまりにも肩すかしではないか。ダビドの天賦の才を示すだけなら、そもそもイエスの少年時代を小説化する意味はほとんどあるまい。一般常識を疑うダビドと、常識人シモンの問答にしても、根源的な問題ほど正解はないという指摘のみに終わっている。話としてはおもしろいが、どこを読んでも隔靴掻痒。知的昂奮を覚えることはまずない。トルストイの『幼年時代』との落差に愕然としてしまった。
(写真は、宇和島市泰平橋からながめた神田(じんでん)川)