ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

José Saramago の “Blindness”(1)

 ポルトガルノーベル賞作家 José Saramago(1922 – 2010)の "Blindness"(1995, 英訳1997)を読了。実際に使用したテクストは Harvill Press 版。さっそくレビューを書いておこう。

Blindness

Blindness

Amazon

[☆☆☆☆★] 破滅テーマSFの傑作である。ある日突然人びとがつぎつぎに失明するという設定は『トリフィドの日』と似ているが、いくつか異なる点もある。まず、盲人たちを襲うのが食肉植物という人間以外の存在ではなく、人間自身であること。政府は失明の伝染性を疑い患者や濃厚接触者を隔離するが、施設内で食料の争奪戦が勃発。また監視中の兵士がパニックを起こして銃を乱射するなど、危機にさいして本能的、動物的に行動する人びとの姿があますところなく描かれる。むろん、なかには「人間らしく生きられなくても、せめて動物のようには生きないようにしよう」と懸命につとめる良識派もいて、こうした理性と本能、良心と欲望のせめぎあいが不条理な混乱をもたらしているがゆえに、「全世界がまさしくここにある」。すなわち、危機を通じて人間性の本質が露呈するところに、上の娯楽作品との決定的なちがいがある。道徳的な難問が提出されるのも大きな相違点のひとつだ。隔離施設内では、食料を独占してほかの入所者から金品を、さらには女性の身体まで要求する悪党一味も出現。そこで良識派は、飢えをしのぐか人間としての尊厳を守るか、悪党の言いなりになるか悪党を倒すか、という苦しい選択を迫られる破目になる。このとき完全正解はありえない。悪人を殺しても殺さなくても、善人のままではいられないからだ。最初の患者たちが施設の外へ出てみると、市中に奇病が蔓延した結果、そこは盲人たちが亡霊のようにさまよい、汚物や排泄物が散乱した死の世界。時にサスペンスが高まり、すさまじいアクション・シーンもあるなど物語性にもすぐれる一方、終末の世界でひとはどう生きるべきか、と深く考えさせられる傑作である。