ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Philippe Claudel の “Brodeck” (1)

 まず去年の3月11日のブログを引用しよう。「いや怖かった、今日の地震。生きた心地がしなかった。こんな中でもアクセスしてくださったみなさん、アクセスされたということは大丈夫だったんですね。こんな日に記事を書くなんて不謹慎とは思ったが、今は夜中。結局、職場に泊まる羽目になってしまったものの一息ついたので、洋書オタク健在です、と発信したくてこれを打ち込んでいる」。
 …あれから1年。ここ数日、ぼくも人並みにいろんなことを考えた。その一端は昨日の日記に書いたが、何はともあれ「洋書オタク健在です」。「とくにこれといって目標もな」い人生を送ってはいるものの、今日はこれを何ページ読もう、という1日の小さな目標だけはある。そのノルマを果たすことが、そしてその本を真剣に読むことが、とりあえず今のぼくの人生だ。
 ということで、今日は Philippe Claudel の "Brodeck" を読みおえた。一昨年のインディペンデント紙外国小説最優秀作品賞(Independent Foreign Fiction Prize)の受賞作である。さっそくレビューを書いておこう。

Brodeck

Brodeck

[☆☆☆☆] 人間の内面にひそむ悪、狂気をアレゴリカルに描いた秀作。とりわけ終盤、非現実的な空想から恐怖の現実が生みだされるくだりに感服した。おそらくホロコーストがモデルだと思われるが、使い古されたテーマでも寓話形式であるだけに「新鮮な恐怖」を覚える。舞台はヨーロッパ、戦争の悲劇が起きた架空の国の架空の村。戦後、村を訪れた謎の男が宿屋で村人たちに殺されるという事件が発生し、主人公ブロデックが村長から事件報告書の作成を依頼される。ミステリアスでカフカ的な雰囲気の中で次第に事件の全容が明らかになるが、同時にブロデック自身の回想も進み、大衆ヒステリーを物語る虐殺事件や、地獄のような強制収容所の生活、生きるために犯した罪などが去来する。また、彼の不在中に村で起きた悲劇についても証人たちの口から語られる。過去と現在がみごとに交錯し、基本は一人称なのに語り手が流れるように交代するという話芸がすばらしい。が、何よりすぐれているのは、寓話を通じて戦争と人間の本質が端的に表現されている点である。戦争とは「人間の内面にひそむ悪」をさらけ出すものであり、それどころか戦争に関係なく、そもそも人間性は狂気をはらんでいる。何度も指摘されてきた事実ではあるが、この恐怖の寓話には思わずさむけを覚えてしまう。フランス語からの英訳ということで、英語はとても読みやすい。