ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Jenny Erpenbeck の “The End of Days”(1)

 きのう、Jenny Erpenbeck の "The End of Days"(2012)をやっと読了。ドイツ語からの英訳版で、2015年の Independent Foreign Fiction Prize の受賞作。2016年の国際IMPACダブリン文学賞の最終候補作でもある。

The End of Days

The End of Days

[☆☆☆★] 人生にタラレバ話は禁物だが、本書の設定はうまい。死んだ人間に、もし生きていたら、あのときこうであれば、とまたべつの人生を歩ませることにより、歴史の生き証人から見た二十世紀の大事件と、それにともなう庶民の生活の変遷が端的に示される。二つの世界大戦、スターリンの血の粛清、ベルリンの壁崩壊。これらを同じ一人の人間が体験することはまず不可能だったろう。世代を継ぎ、主役を交代させる手法はオーソドックスだが陳腐。けれども、新しい革袋に盛れば古い酒でもけっこう飲めるものである。その点は大いに評価したい。が、斬新なアイデアも最初のうちこそ効果的だが、何度もヒロインが「よみがえる」うちにパターン化され、飽きがくる。戦争によって生活が激変し、進歩と革命の時代に恐怖政治が生まれ、体制の変化によって価値も一変する。たしかにそのとおりだが、古い酒はやはり古い酒。SFのパラレル・ワールドに近い物語というだけで、決して新しい視点から現代史を分析したり、庶民の日常を描いたりしているわけではない。竜頭蛇尾に終わった作品である。