ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Robin Sloan の “Mr. Penumbra's 24-Hour Bookstore” (1)

 今年のアレックス賞受賞作のひとつ、Robin Sloan の "Mr. Penumbra's 24-Hour Bookstore" を読了。さっそくレビューを書いておこう。

Mr. Penumbra's 24-Hour Bookstore

Mr. Penumbra's 24-Hour Bookstore

[☆☆☆★] 序盤は最高。サンフランシスコに住む青年が夜勤の店員として働きだした24時間営業の小さな書店は、じつはふしぎな図書館だった。深夜、たまに訪れる客が本を返し、店の奥にあるべつの本を借りていく。その本は市販されていないものばかり。そこにはどんな意図が隠されているのか。客たちは、店主の老人はいったい何者なのか。このファンタジーを思わせる怪しい雰囲気には蠱惑的な吸引力がある。が、従来の幻想的な小説と大きく異なるのは、謎を解くのにコンピュータが駆使される点だろう。青年は、グーグル社に勤務する恋人をはじめ、親友やルームメイトたちの協力をえて情報をデータ化し、映像化し、ますます立ちふさがる秘密に迫ろうとする。本書はいわば、幻想とハイテクが融合した現代のフェアリーテイルなのである。軽妙な筆致でユーモアもあり、手に汗握る冒険も織りまぜられるなど、次第に謎が解けていく過程はかなりおもしろい。紙の文化とデジタル文化の競合と併存という問題が浮かびあがる点も買える。が、その謎の真相は……竜頭蛇尾とだけ述べておこう。英語としては、口語表現やコンピュータ用語もふくめて現代英語そのものである。