ビンゴー・キッドの日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Patrick Modiano の “Villa Triste”(1)

 ご存じフランスのノーベル賞作家、Patrick Modiano の "Villa Triste"(1975)を読了。さっそくレビューを書いておこう。

Villa Triste

Villa Triste

[☆☆☆★★] あの夏、僕は18歳。アルジェリア戦争の災禍を逃れ、遠くにスイスを望む湖畔の町で無為の日々を過ごすうち、美しい娘と出会った……。定番の話だが、それが叙情の名手モディアノの筆になると、たまらなく切ない。カフェやホテル、別荘など街の風景が記憶の霧の彼方から浮かび上がり、さびれたいまの景色と二重写しになる。にぎやかな声が沈黙と重なる。忘れえぬ人々。永遠に光り輝く、はかない一瞬。無粋を承知で分析すると、〈朦朧法〉とでも呼ぶべき技法が奏功している。「僕」は名前と身分を偽り、娘も付き添いの男も過去を語らず、男は危険な香りを漂わせるが香りの正体は不明。肝心な点ほど謎に包まれ、少しずつおぼろにしか見えてこない。それが政治情勢の不安、青春の不安、そして「僕」が娘と過ごしたアンニュイな日々とみごとにマッチしている。至福のひとときも、ほとばしる情熱もすべて、過去と現在のあいだをたゆたう霧のなか。モディアノ節に酔いしれる佳篇である。