ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Tash Aw の “Five Star Billionaire” (1)

 今年のブッカー賞候補作、Tash Aw の "Five Star Billionaire" を読了。さっそくレビューを書いておこう。

Five Star Billionaire: A Novel

Five Star Billionaire: A Novel

[☆☆☆★★★] 現代の上海版「虚栄の市」、いや、「虚妄の市」というべきだろう。題名から連想されるようなサクセス・ストーリーではない。むろん億万長者は登場する。 成功指南書が紹介され、その著者も、指針を信じて日夜努力する女も顔を出す。が、その努力が実を結ぶことはついにない。一攫千金の夢を見て、マレーシアや中国の田舎からアジア最大級の都市にやって来た人びと。その出身地および上海での悪戦苦闘ぶりが次々に描かれる。当初は無関係に思えた彼らが次第に結びつき、打算と欲望が渦巻き、厳しいビジネスの実態が明らかにされる。ここはほんとうに共産国なのか。彼の地、彼の国の事情にうとい素人には驚嘆の連続であり、経済的にはまさに資本主義社会そのものである。ひるがえって、この驚きの舞台がなければ、たとえば不動産売買をめぐる駆け引きなどは日常茶飯。マレーシア編にしても、民族色豊かだからこそ読みがいのある物語となっている点は否定できない。本書の眼目はむしろ、人間の絆にある。彼らのほとんどは財産や名声だけでなく、愛情を、心の友を求めているのだ。台湾出身の有名歌手がスターの座から転落したあと、チャットで心の傷をいやし、上海郊外のカフェで入魂の歌を唄いはじめる。華やかで活気に満ちた大都会に住む人びとも、みんな傷つき、そして孤独なのだ。愛も虚妄かもしれない。悲哀と絶望の色が濃くなる。そこに射しこむ、かすかな希望の光。こうした流れもまた定番ではあるが、各人の心の動きや、それが投射された心象風景の描写がすこぶる緻密であり、上の舞台効果を超えて強く胸に響いてくる。力作である。英語はよく練られた緊密な文体だが、構文や語彙という点では標準的で読みやすい。