ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Ahmed Saadawi の “Frankenstein in Baghdad”(1)

 今年のブッカー国際賞最終候補作、Ahmed Saadwi の "Frankenstein in Baghdad" を読了。アラビア語の原書は2013年刊、英訳版は2018年刊である。さっそくレビューを書いておこう。

FRANKENSTEIN IN BAGHDAD

FRANKENSTEIN IN BAGHDAD

[☆☆☆★★] フセイン政権崩壊後に誕生した新イラク共和国の現状をみごとに風刺したオカルト的な寓話小説。バグダッド市内に散乱する死体から損傷していない身体各部を収集、合成してつくり上げた死体がよみがえる。とくれば、この「合成人間」はまさにイラクそのものだろう。冷酷な殺人をおかす犯罪者であり、殺される人間が旧体制の犯罪者ゆえに正義の使者でもあり、不死身の怪物として恐れられ、救世主として敬われ、彼を信じる者たちは分裂抗争に走る。奇怪な事件が日常的に起こり、ありえないことが真実とされる不条理な社会とは、おそらくイラクの現実を端的に示すものであり、その象徴的な存在が本書のフランケンシュタインと思われる。寓話以外の文字どおり現実に即した舞台も巧みに設定され、とりわけ信心深い老女や欲得ずくの古物商、不動産屋など市井の人々の描写がうまい。ブラック気味のユーモアも混じり、またもちろん自爆テロや暴力シーンは迫力満点。家族小説や青春小説として読める部分もあるなど、多彩な趣向を楽しめる作品に仕上がっている。そうした日常的現実とシュールな現実との混交がイラクの現在の姿なのかもしれない。