ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

2016年ブッカー賞ロングリスト発表(The Man Booker Prize 2016 Longlist)

 今年のブッカー賞ロングリストが発表された。このうち、"The Sellout" はご存じのとおり、今年の全米書評家協会賞受賞作でもある。同書もふくめ、ぼくが読んだことがあるのは2冊だけ。直感だが、"My Name Is Lucy Barton" はショートリスト入りの可能性が高いと思う。以下、なぜか表紙をアップできなかったものは作者と題名のみ記している。
1.Paul Beatty (US): The Sellout

Sellout

Sellout

  • 作者:Beatty, Paul
  • 発売日: 2016/03/01
  • メディア: ペーパーバック
[☆☆☆★★★] アメリカにおける人種差別の現実をコミカルに風刺した作品。おなじみのテーマだが、差別をサカナに笑いのめしてやろうというタフで自由な精神が随所に読み取れ、彼の国の実情に詳しい読者ほど楽しめるものと思う。主な舞台はロス。主人公の黒人男は自分の生まれ育った街が区画整理で消滅したことに憤慨。昔のような黒人街を復活させるべく、旧知の黒人男のたっての願いで彼を奴隷にする。ついで公立高校に働きかけ、黒人だけ受けいれるようにして白人の逆差別に成功。この奴隷制実施と人種差別で告発された男は最高裁まで争うことに。といった荒唐無稽な筋立てから次第に浮かびあがってくるのは、オバマ大統領誕生後も厳然と存在する差別の現実はもとより、その現実を知りながら建前では法の下の平等を唱えるアメリカ人全体の偽善的な態度である。そうした本音と建て前の矛盾が風刺の対象となっているのだ。しかも風刺を通じて、人間とは結局、不平等という欠陥をもった不完全な存在たらざるをえない、という苦い真実さえ見えてくる。この厳しい現実を直視し笑い飛ばすことは、同時に不平等な社会の中で自分のアイデンティティを確認ないし確立しようとする行為でもある。本書を読んでげらげら笑っているうちに、待てよ、と考えこんでしまったアメリカ人読者も多いのではないだろうか。
2. J.M. Coetzee (South African-Australian): The Schooldays of Jesus
The Schooldays of Jesus

The Schooldays of Jesus

  • 作者:Coetzee, J.M.
  • 発売日: 2016/08/18
  • メディア: ペーパーバック
[☆☆☆★★] 前作 "The Childhood of Jesus" から一歩前進。が、イエスの少年時代をモチーフにした物語にしては、相変わらず心に響いてくるものがない。倫理や道徳に関する問題への突っ込みが甘いからだ。少年ダビドはダンス学校に入学。そこで「魂の修練」を受け、宇宙の根本原理を象徴するかのような踊りをマスターする。が、いわば天上の世界にいるダビドの立場が、世俗的な価値観・教育観の持ち主である父親代わりのシモンにはなかなか理解できない。このあたり、イエスと律法学者の対立が下地にあるのかもしれない。それは後半に起きた異常な殺人事件にも当てはまりそうだ。シモンもふくめ世人には動機不明だが、犯人と親しかったダビドのみが理解を示す。天界の踊りが説明不可能であるように、神が超論理的な信仰の対象であるように、神の定めた善悪もまた、地上の論理では説明できない。けれどもダビドは生来、直感的に善と真理を洞察する力を持った例外者なのだ、というわけである。こうした天上と地上、聖と俗を対比させるような物語を巧みに作り上げている点では一歩前進。しかしひるがえって、殺人とはすこぶる道徳的な問題である。それが凡人には理解不能というのでは、あまりにも肩すかしではないか。ダビドの天賦の才を示すだけなら、そもそもイエスの少年時代を小説化する意味はほとんどあるまい。一般常識を疑うダビドと、常識人シモンの問答にしても、根源的な問題ほど正解はないという指摘のみに終わっている。話としてはおもしろいが、どこを読んでも隔靴掻痒。知的昂奮を覚えることはまずない。トルストイの『幼年時代』との落差に愕然としてしまった。(8月31日)
3. A.L. Kennedy (UK): Serious Sweet
Serious Sweet

Serious Sweet

  • 作者:Kennedy, A.L.
  • 発売日: 2016/05/19
  • メディア: ハードカバー
4. Deborah Levy (UK): Hot Milk
Hot Milk (English Edition)

Hot Milk (English Edition)

[☆☆☆★★★] ここには感動はたぶん、ない。自分が自分を見うしない、自分ではないものに縛られ、自分が愛しているはずの人間、自分を愛しているはずの人間との関係があやうい若い女。介護が必要な母の治療のために訪れた南スペインの海辺で、母と別れた父の住むギリシャの街で、彼女は考える。迷う。自分とは、自分の人生とは、愛とはいったい何なのだろう。揺れ動く微妙な心理が静かな、しかし鮮やかなショットで風景に映し出される。出会った男たち、女たちとのふれあいの中で劇的な事件が起こるうち、感情が高まり、落ち込み、また爆発し、純化される。本書はこうした濃密な心象風景を、さまざまな思いの去来する一瞬の情景を楽しむ本である。それを絶妙かつ的確にとらえた繊細なタッチに読みほれてしまう。かりそめの中途半端な人生、曖昧で不確かな現実を象徴するエピソードが連続する。と、ふと行間に目をとめ、自分自身の人生をふりかえりたくなるかもしれない。そこにも感動はないかもしれない。が、心に浮かぶ風景はあるはずだ。本書は、ヒロインに共感できれば、そういう記憶の引き金になるような作品である。(8月28日)
5. Graeme Macrae Burnet (UK): His Bloody Project
His Bloody Project

His Bloody Project

[☆☆☆★] よく出来たクライム・ストーリー。19世紀なかば、スコットランドのハイランド地方で凄惨な殺人事件が起こる。犯人の少年はあっさり犯行を自供するが、犯行時、彼は正気だったのか否か。前半、事件の背景と犯行までの経緯を物語る少年の回想録は青春小説の味わいもあり、素朴なユーモアが楽しい。それが一転、凶行におよぶというコントラストが鮮やかだ。後半はリーガル・サスペンス。被告の責任能力の有無が争点だが、検察側が被害者の横暴ぶりを証明し、弁護側が少年の狂気を訴えるという皮肉な展開になっている点がおもしろい。権威主義的な上流階級への風刺も鋭い。一見単純な事件でも真相は藪の中。また神ならぬ人間の裁きに完璧は期しがたく、あってはならない誤審の可能性がつきまとう、といった人生の苦い真実も汲みとれる点を評価したい。(10月20日
6. Ian McGuire (UK): The North Water
The North Water: Longlisted for the Man Booker Prize

The North Water: Longlisted for the Man Booker Prize

  • 作者:McGuire, Ian
  • 発売日: 2017/01/26
  • メディア: ペーパーバック
[☆☆☆★★] 読み物としては非常におもしろい。冒険小説と犯罪小説の味わいだ。19世紀なかば、イギリスの捕鯨船グリーンランド、バフィン湾に向けて出発。捕鯨シーンはもちろん、船医が軍医だったときに遭遇したセポイの乱当時の戦闘シーン、出航前の港と船内で起きた忌まわしい殺人事件、氷海に閉じ込められた乗組員たちの壮絶なサバイバル劇、さらには捕鯨船をめぐる陰謀など、開巻早々からスリルとサスペンス満点の展開で息をつく間もないほどだ。船医の屈折した心理や、背筋の凍るような殺人鬼の跳梁ぶり、船医とエスキモーとのふれあいなど、人物像や人間関係もしっかり描きこまれている。それゆえ読者を楽しませる作者のサービス精神はすばらしい。が、読んだあと、心に残るものは何もない。文芸エンタテインメントとして割り切って読むべき作品である。(9月11日)
7. David Means (US): Hystopia
Hystopia (English Edition)

Hystopia (English Edition)

8. Wyl Menmuir (UK): The Many
The Many (English Edition)

The Many (English Edition)

9. Ottessa Moshfegh (US): Eileen
Eileen: Shortlisted for the Man Booker Prize 2016

Eileen: Shortlisted for the Man Booker Prize 2016

[☆☆☆★] なるほど、これはやっぱり青春小説だったか、と最後に納得。しかも通過儀礼というおなじみのテーマである。途中、それをほとんど忘れさせてしまうほど巧みなストーリー・テリングがすばらしい。老婦人のアイリーンが半世紀も昔、ニューイングランドの田舎町で過ごした最後の日々を回想する。何やら大事件が起きたらしい。それはいったい何か。この興味だけで終盤まで引っ張るとは恐れ入る。しかも事件の輪郭さえつかめない。娘時代のアイリーンをはじめ、アル中の父親、彼女が勤めていた少年院の同僚など、顔を出すのは性格・感情ともに単純化された人物ばかり。それだけに彼らが極端な言動に走っても説得力があり、小さなエピソードの混ぜ具合もうまく、つい話の流れに乗せられてしまう。次第に盛り上がるサスペンスもおみごと。これならさぞ衝撃的な事件が待っているはず。実際、それは衝撃的である。が、その真相を知ったからといって得るものは何もない。要するに青春の嵐だったというだけだ。尋常ならざる嵐ではあるが、通過儀礼のわりに共感できないぶん損をしている。(9月30日)
10. Virginia Reeves (US): Work Like Any Other
11. Elizabeth Strout (US): My Name Is Lucy Barton
My Name Is Lucy Barton

My Name Is Lucy Barton

[☆☆☆★★★] 来し方をふりかえれば、忘れえぬ人びと。忘れえぬことども。そんな人生の断片をある女流作家が静かなタッチで綴った自伝風のスケッチ集だ。物語的な意味での筋書きはほとんどない。が、一貫して流れるテーマがある。愛情、それも家族の愛、隣人愛である。人と接するとき、人を愛するとき、神ならぬ人間は不完全な接し方、愛し方しかできない。そこから不和や断絶、人生の危機が始まる。そして感受性豊かな人間ほど深く傷つき、傷つくことでさらに愛を求める。そんなとき、たまたま出会った他人のさりげない優しさが心にしみる。あるいは相手もまた傷つき、悲しんでいたことを知り、茫然となる。そういう忘れえぬ瞬間をいくつも経験しながら主人公は人間的に成長し、作家としての自分の顔を見いだす。本書のエピソードのすべてが感動的なわけではないが、これを読めば、読者もまた主人公と同様、美しい残照のなか、わが人生をふりかえり、自分にも永遠の一瞬があったことを思い出すのではないだろうか。
12. David Szalay (Canada-UK): All That Man Is
All That Man Is: Shortlisted for the Man Booker Prize 2016

All That Man Is: Shortlisted for the Man Booker Prize 2016

  • 作者:Szalay, David
  • 発売日: 2016/04/07
  • メディア: ハードカバー
[☆☆☆★★★] 形式的にはナイン・ストーリーズ。いや実質的にも短編集だが、もしこれを長編と考えるなら、主人公はタイトルどおり「男」。17才の少年から70過ぎの老人まで、9人の男がリレー方式で次第に年齢を上げながらイギリスからクロアチアまで、ヨーロッパ各地で男の人生を展開する。青春の挫折、喪失感、女とのすれ違い、私情と仕事の板ばさみ、迫られた選択、事業の失敗、迫りくる死。男が生きて行くうちにいつかはどこかで必ず経験する人生の厳しい局面が、時にユーモアをまじえながら、ほろ苦く、あるいは張り詰めた空気の中で、重苦しく、それぞれの場面にふさわしい筆致で描かれる。よかれあしかれ、泣いても笑っても、これが男の人生なのだ、というわけである。が、それと同時に、人生は冗談ごとではない、というメッセージも読み取れるほか、なんと言っても鋭い感覚で一瞬、心のひだを、人間存在の現実をとらえたものという意味で、これは決して性差別小説ではない。人生の過ぎゆく時間を、ひとつひとつの瞬間を永遠の流れの中に定着させようとする試みとも言えるだろう。作者は、人生のはかなさと永遠性を同時に見つめている。これはその葛藤の中から生まれた短編集にして長編小説である。(9月6日)
13. Madeleine Thien (Canada): Do Not Say We Have Nothing
Do Not Say We Have Nothing

Do Not Say We Have Nothing

[☆☆☆★★★] 政治と音楽を対位法的にとらえた重厚な大河歴史小説。主旋律のひとつは、文化大革命天安門事件を頂点とする激動の中国現代史だ。正義という名の粛清、大衆ヒステリー、公開リンチ、そして暴力、殺戮、大衆弾圧。全体主義の恐怖が劇的かつ臨場感たっぷりに描かれる。タイトルは中国版『インターナショナル』の英訳歌詞の一節で、これを歌いながら人民が人民解放軍に立ち向かうところに痛烈な風刺が読み取れる。どのエピソードも史実にヒントを得たものなら歴史小説だが、中国当局の主張が正しければディストピア小説。いずれにしても、正義から圧政、殺人にいたる過程はドストエフスキーの『悪霊』と軌を一にしている。もうひとつの主旋律は音楽だ。上の事件に巻き込まれるのが三人の音楽家とその家族とあって、音楽の話題は常に政治と平行して進む。真の音楽は作曲家の魂から生まれ、演奏家の霊感を通じてリスナーの心に直裁に響いてくる。こうした音楽の特性はまさしく自由そのものであり、本来、イデオロギーの及ぶところではない。それを政治の現実と対峙させることにより、自由と圧政という対位法も生まれている。おなじみのテーマだが、それを音楽家たちの人生および国家の歴史としてフィクション化した点がすばらしい。大変な力作である。(10月14日)