ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Kamel Daoud の “The Meursault Investigation” (1)

 Kamel Daoud の "The Meursault Investigation" (2013) を読了。巻末の紹介によると、Daoud はアルジェリア人ジャーナリストで、原書はフランス語で書かれ、ゴンクール賞最終候補作とのこと。英訳版は昨年、ニューヨーク・タイムズ紙の書評家 Michiko Kakutani が選んだ My Favorite Books of 2015 の一冊である。

The Meursault Investigation

The Meursault Investigation

[☆☆☆★★★] カミュの『異邦人』の本歌取り。かなり成功していると思う。ムルソーに射殺されたアラブ人の弟が事件を中心に家族とアルジェリアの歴史、そして自身の人生を物語る。不条理というテーマは原作と同じだが、表現の仕方に新工夫があり楽しめる。最たる例は現実と虚構の混交で、原作を書いたのはカミュではなくムルソー、事件は実際に起こったものとされる。無名の被害者には歴とした名前があり家族もいた、として原作の虚偽を正す意図で調査が進む。しかし結果は不毛。弟もその母親も周囲から孤立、またお互いに離反し、弟は人生の無意味を思い知らされる。アルジェリア独立戦争を事件の背景にしたり、家族以外の調査員を導入するなど、虚構はそれをリアルに描けば描くほど虚構性を増す、という〈虚構の現実化による虚構性〉を通じて不条理な世界を構築している点がおみごと。不条理な殺人は被害者の立場から見ても不条理であり、人生の不条理はムルソーだけでなく、どんな人間にとっても不条理というわけだが、それよりむしろ、弟が独立直後にフランス人を殺害する一件に注目したい。同じ人間を平時に殺せば不正義だが、戦時に殺せば正義とされる、という正義の相対性の問題が提出されているからである。この相対的正義の不条理は、原作では扱われていなかったものだ。一方、弟は神を信じていない。けれども、もし天上の絶対的正義が存在しなければ、あとに残るのは地上の相対的正義、つまり不条理でしかない。この問題への考察がなかった点が惜しまれる。
(写真は、宇和島市来村(くのむら)川べりの桜並木と保手橋。三年前に撮影。今年はあいにく花曇りの毎日だった)。