ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Patrick Modiano の “In the Cafe of Lost Youth”(1)

 きょうは本当は "Dora Bruder" の続きを書くまわりなのだが、ゆうべ、ハワイ旅行の帰りに読みはじめた、同じく Patrick Modiano の "In the Cafe of Lost Youth"(2007)を読了。記憶が薄れないうちに、そちらのレビューを書いておこう。

In the Cafe of Lost Youth

In the Cafe of Lost Youth

[☆☆☆★★] 青春とは、日常的な閉塞感から逃れようとしながら目標が定まらず、かえって空虚感を覚える時代かもしれない。そんな迷える若者たち、あるいは、そういう青春時代を過ごした大人たちの集まるパリのカフェ。そこにふと現われた若い女はいったい何者なのか。彼女自身もふくめた4人の客がそれぞれ自分の人生をふりかえるうち、次第に女の実像が闇の中から浮かび上がってくる。その女ジャクリーヌは夜の街をさまよい、彼女と出会った男ローランもまた二人で彷徨。カフェ文化の街パリならではの物語を集めた連作短編集である。とりわけ、ローランが後年、新しい店ができて昔の面影が何もないカフェの跡地を訪れ、ジャクリーヌと最後に過ごしたひとときを回想する最終話は、たまらなく切ない。永遠の時間の中で凍りついた、白い真空のような空虚感にしばし呆然。それがおそらくジャクリーヌの断ち切ろうとしたものだけに、なおさら胸をえぐられる。