ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

Salman Rushdie の “Midnight's Children”(1)

 1981年のブッカー賞受賞作、Salman Rushdie の "Midnight's Children"(81)を読了。周知のとおり、1993年には Booker of Bookers にも選ばれている。さっそくレビューを書いておこう。

Midnight's Children

Midnight's Children

[☆☆☆☆★] インドほど複雑な事情をかかえた国もほかにはないかもしれない。多民族、多宗教、激動の現代史。本書はその実態をおそらく的確にとらえた、まさにインドそのものと言える作品である。1947年8月、独立の瞬間、深夜0時に誕生した主人公サリームは、奇形に近いグロテスクな風貌の持ち主。この設定からしてインドを思わせるが、ほかの人物や事件もおおむねメタファーとしては実際の歴史の流れと一致している。奇人変人が次々に登場、悲劇とも喜劇ともつかぬドタバタが連続。いずれも現実を誇張し戯画化したものであり、デフォルメの中に真実や本質が端的に示されている。サリームをはじめ、「真夜中の子供たち」が超能力をそなえるのはマジックリアリズムの典型例だが、本書のマジックリアリズムは、単なる目先を変えた趣向ではなく、非現実、超現実の世界に踏み込むことによって現実の本質を暴くもの。また叙述形式としては、サリームが自身の伝記に注釈をくわえることでメタフィクションに近づいているが、これも複雑怪奇な現実を整理する、あるいは逆にますます混乱させる働きがある。名実ともに国民作家の手になる傑作である。