ビンゴー・キッドの洋書日記

英米を中心に現代から古典まで、海外の作品を英語で読み、論評をくわえるブログです

W. G. Sebald の “Vertigo” (1)

 昨日の夕方、W. G. Sebald の "Vertigo" を読了。晩酌にワインをボトル半分飲んだあと、酔ったいきおいでレビューを書きはじめたが、夜の11時ごろ、わけがわからなくなり中断した。一夜明けてなんとか書きおえた次第である。

Vertigo

Vertigo

[☆☆☆☆] 読めば読むほど、タイトルどおり、めまいがしてきそうな小説だ。そのめまいとは、人間存在の本質から発するものかもしれない。孤独、疎外、絶望、喪失、悲哀、苦悩、虚無、不条理。そういう現実に直面した人間が覚えるめまいである。こう書くといかにも感傷的に聞こえるが、じつのところ、ここには感傷はほとんど認められない。スタンダールの失恋と片思いを淡々と綴った第1章からしてそうだ。以後、話は現代に飛び、バイエルン生まれの男がひたすら旅をつづける。旅先で出会った人間の描写は詳細をきわめるが、その出会いから物語が生まれることはない。希薄な現実の象徴である。美しい風景がこまかく静かにえがかれ、いわば沈黙が打ち寄せるうちに、男はやがてめまいを覚える。記憶が飛ぶ。自分の居場所がわからなくなる。時代がさかのぼり、神経症を病んだカフカの療養生活を綴った第3章でも希薄な現実が示され、夢幻的な心象風景の中から彼の不安が浮かびあがる。最後にふたたびバイエルンの男が登場、久しぶりに故郷の村を訪れたあと、いまの居住地ロンドンへと戻る。回想につぐ回想だが、ノスタルジックな感傷はみじんもない。ここでも人物や風景の克明な観察がつづくものの、現在とのつながりはいっさいなく、夢と幻想のうちに幕を閉じる。結局、旅行記と回想は希薄な現実を端的に物語るものだが、細部への異常なまでの執着は、そういう現実への強いこだわりを示す。しかしそれが遠い現実であることには変わりなく、そこから絶望が、絶望からめまいが生まれる。まさに現代人の精神状況を象徴した作品といえるだろう。英語は語彙的にも構文的にもむずかしめだが、原文もおそらく同様であろうと思われる。